• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 健康・福祉 > 衛生・薬事 > 薬事課のページ > 薬物乱用Q&A > 法規制について

ここから本文です。

更新日:平成23年1月26日

薬物乱用Q&A-法規制について

ダメ。ゼッタイ君

 

法規制について

 

薬事課の表紙

薬物乱用のMENU

前へ

次へ

 

Q薬物乱用に対する法的な規制について教えてください。

 

法律

薬物

輸出・
輸入

製造※1

栽培

譲渡・
譲受

所持

使用
※2

覚せい剤
取締法
覚せい剤
A
A
 
B
B
B
覚せい剤原料
(エフェドリンなど)
B
B
 
E
E
E
麻薬及び向精神薬取締法
ヘロイン
A
A
 
B
B
B
その他の麻薬
(モルヒネ、コカイン、LSD、MDMAなど)
C
C
C
D
D
D
向精神薬
G
G
  H※3 H※4  
あへん法
けし    
C
     
けしがら
C
   
D
D
F
あへん
C
C
 
D
D
F
大麻取締法
大麻(マリファナなど)
E
 
E
G
G
 

(各記号の内容)

 
非営利犯
営利犯
A 1年以上の有期懲役 無期または3年以上の懲役情状により1000万円以下の罰金を併科
B 10年以下の懲役 1年以上の有期懲役情状により500万円以下の罰金を併科
C 1年以上10年以下の懲役 1年以上の有期懲役情状により500万円以下の罰金を併科
D 7年以下の懲役 1年以上10年以下の懲役情状により300万円以下の罰金を併科
E 7年以下の懲役 10年以下の懲役情状により300万円以下の罰金を併科
F 7年以下の懲役 7年以下の懲役
G 5年以下の懲役 7年以下の懲役情状により200万円以下の罰金を併科
H 3年以下の懲役 5年以下の懲役情状により100万円以下の罰金を併科

※1…麻薬および向精神薬取締法では”施用"、あへん法では”吸食”と規定されている。
※2…あへん法では”採取”と規定されている。
※3…譲渡のみ
※4…譲渡目的のみ

 


お問い合わせ

健康福祉部生活衛生局薬事課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2413

ファックス番号:054-221-2199

メール:yakuji@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?