• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 健康・福祉 > 医療 > 富士健康福祉センター > 各課の業務 > 衛生薬務課 > 富士健康福祉センターレジオネラ感染症

ここから本文です。

更新日:令和3年1月25日

レジオネラ症発生防止のために・・・

レジオネラ属菌とは

自然界の土壌、河川などに生息している細菌です。細菌捕食性アメーバに寄生して増殖します。

レジオネラ症の症状

レジオネラ肺炎とポンティアック熱の2病型に分けられます。

レジオネラ肺炎は倦怠感、頭痛、乾性の咳、膿性血痰、高熱、中枢神経症状等の症状がみられます。

潜伏期間は2~12日といわれ、重症化することがあるので、早期の診断と適切な治療開始が重要です。

ポンティアック熱は肺炎を伴わない高熱、頭痛が主症状で、風邪の症状と似ています。予後は良好で、2~5日で自然治癒し、重症化しません。

感染場所

クーリングタワー(空調冷却塔)の周辺、土木工事の風下、循環ろ過装置を使用している浴槽(いわゆる24時間風呂含む)などで、レジオネラ属菌を含んだ

微細な水滴(エアロゾル)を吸い込むことにより感染します。人から人への感染はありません。

循環ろ過装置を使用している浴槽での注意点

1.貯湯タンクを摂氏60度以上に設定しましょう。

2.浴槽水の遊離残留塩素濃度を0.2mg/Lの濃度に常時保つようにしましょう。

レジオネラ属菌の消毒には、塩素剤の効果が確認されています。消毒装置が設置されているから安全とはいえません。

消毒装置から、消毒液が十分量出ていることが確認できていますか?

3.ろ過装置自体(集毛器、ろ過器、配管等)がレジオネラの供給源にならないように清掃、消毒を日々徹底しましょう。

4.循環ろ過装置メーカーにろ過装置の管理方法をよく聞き、適切な管理を行ないましょう。

公衆浴場・旅館業営業者の方へ

静岡県では、レジオネラ症の発生を防止するため、旅館業法、公衆浴場法に基づく条例を改正し、平成16年4月から施行しています。

営業者のみなさんは、条例に規定された衛生基準を遵守し、安全な入浴サービスの提供に万全を期してください。

<条例に規定された主な項目>

原湯・原水・上がり用湯・上がり用水・浴槽水の水質基準、水質検査の実施

貯湯槽の管理・・・温度保持(摂氏60度以上)、清掃、消毒浴槽水の管理、集毛器・ろ過器・配管設備の管理、気泡発生装置等の管理、消毒装置の維持管理など

戻る(衛生薬務課へ戻る)

TOP〕〔窓口案内〕〔各課業務〕〔申請書類〕〔検査相談〕〔関係一覧〕〔健康情報〕〔統計情報〕〔お知らせ〕〔アクセス

お問い合わせ

静岡県富士健康福祉センター 

〒416-0906 富士市本市場441-1

電話番号:0545-65-2620(衛生薬務課)

ファックス番号:0545-65-2288

メール:kffuji@mail.wbs.ne.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?