• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 健康・福祉 > 医療 > 富士健康福祉センター > 健康福祉情報 > こころの健康

ここから本文です。

更新日:令和3年3月10日

こころの相談

~ひとりで悩まないで~

 

日本では自殺者が1998年から毎年3万人を超える状況が続いていましたが、2012年から3万人を割り、2019年は

20,169人(男:14,078人、女:6,091人)までに減りました。(厚生労働省:地域における自殺の基礎資料)

静岡県においても700~800人台で推移していましたが、平成24年から減少傾向となり、2019年は前年よりやや増

加したものの639人(発見地。以下同じ)と全体的には減少が続いていました。ちなみに、2019年の富士市・富士宮

市を合わせた富士圏域では75人でした(資料同上)。

ところが、2020年の自殺者数(速報値)が、前年確定値より750人(3.7%)多い20,919人だったことが1月に厚生労

働省から発表されました。女性も2年ぶりに増え、男女合わせた人数はリーマン・ショック後の09年以来11年ぶりに

増加に転じたとのことです。自殺増の背景には、新型コロナウイルス感染症(以下、コロナ感染症)の拡大による経

済悪化があると考えられています。

コロナ感染症の拡大は、私たちの日常生活に甚大な影響を及ぼしています。

様々な活動の自粛を余儀なくされる中で経済は大きく停滞し、事業の倒産や仕事・住居の喪失、収入の大幅な減少

に見舞われる人が増えています。

その結果として深刻な生活困窮状態に陥り、最終的に自殺へと追い込まれる方が全国各地で増加しかねない状況

があります。前述の速報値で自殺者数が昨年より減少した静岡県も例外ではありません。

コロナ感染症の拡大を受けた昨年春の緊急事態宣言の期間中、18%の人が治療の必要なうつ状態にあり、48%の

人がストレスを感じていたという調査結果を徳島大学のチームが発表しています。

ストレス原因の解消は、自分だけではどうにもならないことが多くあります。

ひとりで何でも解決しようとせずに、家族、友人など信頼できる人に相談しましょう。

国や地方公共団体には、相談できる窓口があります。様々な支援制度があるので、困ったら気軽に相談してみましょう。

 

 

健康福祉情報一覧に戻る

TOP〕〔窓口案内〕〔各課業務〕〔申請書類〕〔検査相談〕〔関係一覧〕〔健康情報〕〔統計情報〕〔お知らせ〕〔アクセス

お問い合わせ

静岡県富士健康福祉センター 

〒416-0906 富士市本市場441-1

電話番号:0545-65-2658

ファックス番号:0545-65-2288  

メール:kffuji@mail.wbs.ne.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?