• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 健康・福祉 > 医療 > 富士健康福祉センター > 健康福祉情報 > コンビニやスーパーにおける減塩のポイント

ここから本文です。

更新日:令和3年6月28日

コンビニやスーパーにおける減塩のポイント

~6月は食育月間・毎月19日は食育の日~

 

コンビニやスーパーには、手軽で便利な弁当や惣菜がたくさんあります。今回は、弁当や惣菜を選ぶ際の減塩のポイントを

御紹介します。

 

なぜ減塩が必要なの?

まずは、富士地域の現状です。図1、2は、高血圧症有病者の割合を男女別に、県と富士地域で比較したグラフです。

全年代の男女ともに、県と比べて、富士地域に高血圧症有病者が多く、年代が上がるにつれ、その割合が増えている

ことが分かります。

食塩の過剰摂取と血圧上昇の関連は、多くの研究からも分かっており、若いうちから減塩を心がけることが大切です。

 

弁当や惣菜の選び方のポイント

成人の食塩相当量の目標量は、男性7.5g/日未満、女性6.5g/日未満ですが、高血圧予防・治療のための目標量は、男

女ともに6g/日未満です。市販のお弁当やカップラーメンには、食塩が5g以上含まれるものもありますので、3つの選び方

のポイントを意識して、減塩してみましょう。

 

≪ポイント1≫1食当たりの食塩相当量が3g未満になるような組合せ

お弁当ではなく、惣菜を組合せる時は、栄養成分表示を参考に、食塩相当量の合計が3g未満になるように意識しましょう。

主食に、おにぎりやパンではなく、パックの白ごはんなど、味付けされていない主食を選択すると、手軽に減塩できるのでお

すすめです。

 

≪ポイント2≫調味料の使い方に注意

弁当に添付されている、しょうゆやソース等の調味料、カップラーメンの粉末スープ、サラダのドレッシングには多くの食塩が

含まれています。

弁当のおかずは、しっかり味が付いているため、添付されている調味料は残しましょう。またカップラーメンは、汁を全て飲むと、

食塩を摂り過ぎてしまうため、汁を残すか、粉末スープの量を減らす等、食べ方に注意が必要です。サラダのドレッシングは、

使い切らず、味をつける程度にすると減塩になります。

 

≪ポイント3≫野菜やきのこ、海藻等を使った副菜を追加する

野菜やきのこ、海藻等には、食塩(ナトリウム)を排泄するカリウムが多く含まれるため、毎食1品以上、副菜を追加することも

効果的です。

米やパン、麺などの「主食」、肉や魚、卵などの「主菜」、野菜やきのこ、海藻などの「副菜」が揃うよう意識して選択することで、

炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルなど偏りなく摂取でき、栄養バランスの良い食事になります。

 

今回紹介した3つのポイントを意識し、コンビニやスーパーを上手に活用した減塩に取り組んでみませんか?

 

htshuzuoka

 

 

健康福祉情報一覧に戻る

TOP〕〔窓口案内〕〔各課業務〕〔申請書類〕〔検査相談〕〔関係一覧〕〔健康情報〕〔統計情報〕〔お知らせ〕〔アクセス

お問い合わせ

静岡県富士健康福祉センター 

〒416-0906 富士市本市場441-1

電話番号:0545-65-2659

ファックス番号:0545-65-2288  

メール:kffuji@mail.wbs.ne.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?