• 携帯電話向けページ
  • Foreign language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 看護専門学校 > 学科/教育 > 助産学科

ここから本文です。

更新日:令和2年5月1日

昭和49年開校。静岡県内唯一の県立看護専門学校。(旧校名:静岡県立東部看護専門学校)
在校生の方へ 卒業生の方へ(証明書発行) よくある質問 交通アクセス TOP

学校概要学科・教育資格・就職入試・入学イベント資料請求職員募集

助産学科

学科概要
2019年開設。県東部地域初の助産学科。命の誕生、女性の生涯を支える力を育てます。


受験資格・定員・修業年数
看護師学校養成所卒業の女子10名(1学年)・ 1年
取得できる資格
助産師国家試験受験資格、受胎調節実地指導員申請資格、新生児蘇生法専門コース申請資格

授業・教科の内容
「講義」「校内演習」「臨地実習」を通し、助産師に必要な基礎知識・技術・態度を習得します。
講義
学校の専任教員、臨床で活躍されている医師・助産師等の外部講師から知識を学びます。
校内演習
助産学科専用の実習室、臨床で使用されている医療機器等を使用し、繰り返し助産技術を練習します。
臨地実習
実際の医療機関等で助産の実践を学ぶ臨地実習。教育課程の中で最も重要な期間とも言え、教育課程の1/2以上を占めます。講義、校内演習で習得した知識・技術を、実践と結びつけます。
カリキュラム(1年間)
基礎助産学    7単位  151時間 (助産学概論、人間の性と性の科学等)
助産診断技術学  9単位  255時間 (助産診断技術学等)
地域母子保健   1単位    30時間 
助産管理     2単位    30時間
助産学研究    1単位    30時間 
臨地実習    12単位    540時間 (助産診断・技術学、助産管理、地域母子保健)
計       32単位   1,036時間

臨地実習
●助産診断・技術学(周産期、NICU・GCU) 10単位450時間
(周産期)

周産期における母子へのケアを中心に、助産診断、助産援助技術を理解します。正常分娩を最低10例取り扱うほか、受け持ち妊婦1例について産後まで継続し、助産管理を展開します。
実習施設:聖隷沼津病院、沼津市立病院、富士市立中央病院、富士宮市立病院、順天堂大学静岡病院
(NICU・GCU)
NICU・GCUにおける援助の実際を見学し、ハイリスク児の病態やケア等について理解を深めます。
実習施設:静岡県立こども病院
●助産管理実習 1単位45時間
助産所の見学実習を通し、助産所における助産管理・経営・マネジメント等を学びます。
実習施設:菜桜助産所、エス・アール・ハウス、城山助産院、桃太郎助産院、ふじべ助産院
●地域実習 1単位45時間
地域における母子保健活動の実際を見学し、女性のライフサイクル全般における継続的なケアを学びます。
実習施設:各市保健センター、健康科学大学産前産後ケアセンター



お問い合わせ

静岡県立看護専門学校

〒411-0905 静岡県駿東郡清水町長沢212-1

電話番号:055-971-2135

ファックス番号:055-976-2943

E-mail:kango-somu@pref.shizuoka.lg.jp