• 携帯電話向けページ
  • Foreign language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 健康・福祉 > 衛生・薬事 > 動物管理指導センター >災害からペットを守ろう

ここから本文です。

更新日:令和2年8月11日

「ペットと防災」に関するアプリケーション(静岡県立島田商業高等学校情報ビジネス科3年生の開発)の紹介

               
令和元年度、静岡県立島田商業高等学校情報ビジネス科3年生は、「SDGs×Civic Tech」を研究テーマとして、各種アプリケーションの開発(授業成果)を行いました。        
その中の1グループ(生徒3名)は、「住み続けられるまちづくり(都市と人間の居住地を包摂的、安全、強靭かつ持続可能にする)」をSDGsの目標として、令和2年1月「ペットと被災生活」のアプリを開発しました。

 * SDGsとは、持続可能な開発目標のことで、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標のこと。(2015年の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダに記載)。17のゴール(目標)・169のターゲットから構成されている。        
 * Civic Techとは、Civic(市民)とTech(テクノロジー)をかけあわせた造語。市民がテクノロジーを活用して、行政サービスの問題や社会課題を解決する取り組みのこと。


「ペットと被災生活」アプリの内容
       
「災害マニュアル」        
1 普段から心がけておくこと        
(1)基本的なしつけ        
(2)備蓄品の用意        
(3)迷子札・マイクロチップ        
(4)健康管理        
2 災害時の対応


アプリのお問い合わせ

静岡県立島田商業高等学校情報ビジネス科        
電話番号:0547-37-4167        
      

Google Play で手に入れよう外部サイトへリンク  AppStoreで入手外部サイトへリンク
(このアプリは Google Play で入手できます)      (このアプリは App Store で入手できます)
Android バージョン6.0以降に対応             iPhone バージョン9.0以降に対応

       
アプリの開発に先立ち、当センターでは当該生徒から動物愛護に関する質問を受け、令和元年10月、静岡県立島田商業高等高校へ出向き、センターの業務等の説明を行いました(出前講座)。        
さらに同年12月1日(日曜日)地域防災の日の防災訓練において、「ペット同行避難訓練」を見学・体験させ、生徒たちは県中部健康福祉センター動物保護第3指導班の助言・指導を受けました。
その後、令和2年1月31日(金曜日)県立島田商業高等学校は、情報ビジネス科3年生の学びの集大成として「授業成果発表会」を開催し、本アプリを開発した生徒のグループを含む11の班がその成果をそれぞれ発表しました。

お問い合わせ

静岡県動物管理指導センター

〒431-1102 浜松市西区大山町3551-1

電話番号:053-437-0142

ファックス番号:053-437-9690

E-mail:doukan@pref.shizuoka.lg.jp