静岡県建築構造設計指針・同解説(2014年版)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID1015954  更新日 令和5年1月13日

印刷大きな文字で印刷

静岡県建築構造設計指針・同解説2009年版を改訂し、2014年版を策定しました。 平成27年4月1日から施行します。

主な改訂内容は次の添付ファイルをご覧ください。

新たに想定された南海トラフ巨大地震への対策として、東日本大震災の知見を取り入れた指針にするための改訂を行いました。
想定される東海地震の震源域を含む南海トラフ巨大地震の切迫性が叫ばれている中、構造設計を行う際はこの指針を活用され、県内建築物のより一層の耐震性向上にお役立ていただければ幸いです。

静岡県では、指針の活用を推進するため、静岡県内で業務を行う指定構造計算適合性判定機関にチェックシートによる指針への適合状況の報告を求めています。(平成27年6月4日UP)

静岡県建築構造設計指針のチェックシートは、指定構造計算適合性判定機関のページに掲載しています。

添付ファイル

静岡県建築構造設計指針・同解説(2014年版)

静岡県建築構造設計指針・同解説(2009年版)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビ株式会社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

くらし・環境部建築住宅局建築安全推進課建築確認検査室
〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6
電話番号:054-221-3075
ファクス番号:054-221-3567
kenkaku@pref.shizuoka.lg.jp