• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 教育委員会 > 社会教育 > 青少年関係情報 > 静岡県青少年育成会議

静岡県教育委員会

“ふじのくに”の未来を担う「有徳の人」づくり

ここから本文です。

更新日:令和3年6月4日

【変更】令和3年度「静岡県青少年育成会議総会」は書面協議で行います。
「情報交換会」については、中止します。

本県の新型コロナウイルス感染症状況が警戒レベル5(特別警戒)であり、6月20日まで継続されることから、下記のとおり変更します。

1.総会→書面協議に変更

2.情報交換会→中止

 

 

 

「静岡県青少年育成会議」とは

静岡県青少年育成会議は、「明日の郷土を担う青少年づくりは県民全ての手で」を合言葉に、地域に根ざした青少年育成活動を展開するため、昭和42年3月に発足しました

全市町民会議(35市町)のほか、県内の青少年、女性、教育、スポーツ・文化、医療・福祉、経済・産業・労働等の関係団体・機関・個人を会員として構成されています。(令和2年12月現在:会員数176)

「地域の子供は、地域の大人が育てる」

各会員は、それぞれの地域でそれぞれの特長を生かした活動を通して、地域の子供・若者の健やかな成長を支援しています。

静岡県青少年育成会議の位置づけ(PDF:108KB)

静岡県青少年育成会議会員一覧(令和2年12月現在)(PDF:232KB)

正会員の会員情報は以下のリンクからご覧いただけます。

正会員通番1~25(PDF:1,827KB)正会員通番26~50(PDF:1,686KB)正会員通番51~75(PDF:1,335KB)

正会員通番76~100(PDF:1,480KB)正会員通番101~125(PDF:1,625KB)正会員通番126~150(PDF:1,240KB)

会員の活動内容や連携団体、連絡先等を掲載しています。ネットワークづくりや事業連携に繋げるためにも、是非御活用ください。

現在、会員を大募集中!私たちの仲間になっていただけませんか?

様々な問題や悩みを抱える現代の子供・若者を支えるために、改めて重要視されているのが「地域の力」です。

当会議では、広く県民の総意を結集し、地域のみんなで、地域の子供・若者を支えていくための活動を推進していくことを目指し、会員の皆様とともに活動しています。

会員会費はすべて、地域の子供・若者の成長を支えるための活動に活用させていただいています。

是非、私たちの仲間になって、子供・若者たちを支え、ともに成長していきませんか?

詳しくは、下の「会員募集チラシ」を御覧ください。

kaiinnboshuu2「静岡県青少年育成会議」会員募集チラシ(PDF:538KB)

当会議の「後援名義使用」を承認します!(審査有り)

青少年の健全育成の推進に寄与する様々な事業やイベント及びキャンペーン等、静岡県青少年育成会議の「後援名義使用」を認めています。(審査有り)

詳しくは、下の「後援取扱要領」を御覧ください。

申請をお待ちしております。

静岡県青少年育成会議の基本理念

「ふじのくに」県民総がかりの子供・若者育成支援活動の推進

活動テーマ(令和2~4年度共通)

「地域の子供は、地域の大人が育てる」

情報社会はますます進展し、新たな未来社会”Society5.0”が提唱されていますが、時代が変化しても、子供・若者がより良い人間関係を築く力を身に付けていくことの重要性は変わりません。

本会議は、青少年の健全育成を目的とした活動を展開する多種多様な会員によって構成されています。会員それぞれの特長を生かした事業の中で、本会議の基盤となる共通テーマ「地域の子供・若者の支援に、地域全体の大人たちが連携して取り組む」を再度意識して、県民運動を推進します。

静岡県青少年育成会議

会議 青少年問題のもつ重要性にかんがみ、広く県民の総意を結集し、国及び地方公共団体と呼応して、次代を担う青少年の健全な育成を図ることを目的とする。(静岡県青少年育成会議規約第3条)
会員 それぞれの特色を生かした各会員団体の事業に、活動テーマの要素や考え方を取り入れることで、県民運動への反映を図る。
運営委員会 各団体の取組状況や課題について、意見交換や提案等をすることで、会員団体の活動や事務局の取組に生かす。また、行政に対する要望等について話し合う。
事務局 会員への研修の機会や情報の提供、会員同士のネットワークの構築、会員会費による補助金事業等を進めることで、活動テーマの県民運動への反映を図る。

事業内容

1青少年育成県民会議活動の推進

活力ある子ども・若者育成支援活動を推進するため、青少年育成会議の運営にかかる諸会議を開催するとともに、県下の各市町民会議、青少年関係機関・団体や関係機関と密接に連携・協力を図ります。

(1)運営委員会の開催(5月、2月)
(2)総会・研修会の開催(6月)

毎年6月に総会及び研修会を開催しています。

本年度の総会でも、役員の選任、昨年度の事業・収支決算報告、本年度の事業計画・収支予算等、すべての議案が満場一致で承認されました。

研修会では、会員団体による事例発表を皮切りに、会員同士のネットワークづくりや情報交換を目的としたグループワークを実施しています。

それぞれの会員が取り組んでいる活動は多種多様で、子供・若者へのアプローチの方法は異なりますが、

「地域の子供・若者たちの成長を支えたい」という思いは同じであることを、改めて確認できる時間となっています。

(3)子供・若者育成支援強調月間静岡県大会の開催(11月)
(4)内閣府関東甲信越静ブロック研修会・中央研修会等への参

2青少年育成啓発・資料作成

県民会議関連事業の理解や周知を図り、県民の子ども・若者育成支援への関心を高める啓発活動を行っています。

(1)広報紙「ふじのくにユースネット」の発行
(2)子供・若者育成支援強調月間キャンペーンの実施

 

3青少年団体等の顕彰

顕彰静岡県青少年育成会議では、明るく住みよい地域づくりに貢献してくださっている青少年団体・個人及び青少年指導者団体・指導者の功績を称え、広く県民に紹介することを目的として、顕彰を行っています。

4わたしの主張推進事業

中学生が家庭や学校での日常生活や国際交流、ボランティア活動などの体験を通して考えたことや将来のわたしの主張夢などを広く県民に訴えることにより、自分以外の者や社会とのかかわりについて考え、社会の一員としての自覚を高める契機にするとともに、青少年の健全育成に対する県民の理解と関心を深めるため、「わたしの主張」地区大会、静岡県大会を開催します。

5県民運動推進事業費補助金交付事業(会員会費を活用した助成事業)

会員から徴収した会費を活用し、より充実した県民運動が積極的に地域で展開されることを目的として、会員団体が主催する事業に対して補助金を交付します。

令和元年度は、30,000円を10事業に交付することを決定しました。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会社会教育課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3305

ファックス番号:054-221-3362

メール:kyoui_shakyo@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?