• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 教育・文化 > 生涯学習 > OPEN!社会教育の扉 > わたしの主張事業

ここから本文です。

更新日:平成29年11月2日

わたしの主張事業

「わたしの主張」とは・・・

中学生年齢の青少年が日常生活の中で考えていることを広く県民に訴えることにより、自分以外の者や社会とのかかわりについて考え、社会の一員としての自覚を高めるきっかけとするとともに、青少年の健全育成に対する県民の理解と関心を深めるため実施しています。

「わたしの主張」は、昭和54年の国際児童年をきっかけに開催され、平成29年度で39回目を迎える歴史ある大会です。

平成29年度静岡県大会は、8月22日火曜日に函南町との共催で函南町文化センターにて開催しました。

平成29年度作品の募集について(終了しました)

原稿募集要領(PDF:119KB)

審査基準(PDF:39KB)

「わたしの主張2017」静岡県大会実施要綱(PDF:55KB)

静岡県大会開催要項(PDF:48KB)

平成29年度県大会の様子

中学生の生き生きとした発表は、来場した聴衆の共感と感動を呼びました。

発表の様子司会風景

 

中学生全員の投票による「共感賞」は、「障害者との向き合い方について」横山凜さんが受賞し、記念品として函南ブランドから塩バターサブレ(トラノコ洋菓子店)と農家のつくったいちごジャム(伊豆ノリさんファーム)の詰め合わせが贈呈されました。

共感賞

結果発表は以下のとおり

 

題名

学校名

学年

氏名

最優秀賞

祖父から学んだこと

函南町立函南中学校

3

原口結菜

優秀賞

幸せの材料

三島市立南中学校

3

白井波音

口にできなかった目標

静岡市立高松中学校

3

藤澤凜

肯定するということ

浜松市立可美中学校

3

横井菜々

優良賞

目に見えない大切なこと

焼津市立東益津中学校

3

池谷拓巳

障害者との向き合い方について

静岡市立竜爪中学校

3

横山凜

やればできる!

御殿場市立高根中学校

3

芹澤祐希

人口知能と歩む未来

浜松学芸中学校

3

兒玉拓之

徳、孤ならず

浜松市立中部中学校

3

影山愛莉

あいさつの意味

焼津市立大村中学校

3

青野華子

焼け石に、一トンの水をかけてみた

加藤学園暁秀中学校

3

趙子毅

今を生きる

森町立森中学校

3

佐藤文果

本が教えてくれること

長泉町立北中学校

3

水口明香菜

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会事務局社会教育課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3305

ファックス番号:054-221-3362

メール:kyoui_shakyo@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?