ホーム > 交通安全 > 交通事故をなくそう! > ストップ ザ 暴走族 > 暴走族専門誌を有害図書に指定

ここから本文です。

更新日:平成30年7月20日

暴走族専門誌を有害図書に指定

有害図書指定の背景

暴走族専門雑誌が暴走族加入の動機になるなど少年に悪影響を与えていたことから、同誌を有害図書に指定できるよう働きかけていたところ、18年10月、「静岡県青少年のための良好な環境整備に関する条例」が改正され、19年4月1日に施行、4月13日に、暴走族専門雑誌が有害図書として告示・指定された。

暴走族専門雑誌の内容

有害図書に指定される暴走族専門雑誌には、改造自動二輪車や入れ墨写真の他、少年院での生活や暴走行為を賛美するかのような投稿文などが掲載されている。

有害図書指定の対象となる条文

「静岡県青少年のための良好な環境整備に関する条例」第9条が改正され、既存の条文に、

~著しく犯罪若しくは自殺を誘発、若しくは助長するもの~

が加えられた。

暴走行為に関連する犯罪を肯定し、又は賛美し、勧めそそのかす描写、表現しているものが新たな認定基準として盛り込まれ、今回有害図書として指定された暴走族専門雑誌は、掲載記事の内容が、「犯罪または自殺を誘発・助長するもの」に該当するとして認定された。

販売・陳列方法の変更

詳細は静岡県青少年課ホームページをご覧ください。

有害図書類を陳列するときは、当該図書類を青少年の目に容易に触れさせないように、他の図書類と区分して陳列することが義務付けられている。

罰則

図書類の販売又は貸し付けを業とする者が、指定された有害な図書類を18歳未満の青少年に販売し、頒布する等した場合、30万円以下の罰金を課せられる。

お問い合わせ

静岡県警察本部交通部交通指導課

静岡県静岡市葵区追手町9番6号

電話番号:054-271-0110(代表)