ホーム > 交通安全 > 交通事故をなくそう! > 運転操作に支障を及ぼすおそれのある履物は違反です。

ここから本文です。

更新日:令和2年9月1日

運転操作に支障を及ぼすおそれのある履物は違反です。

脱げ易いサンダルやハイヒール等を履いて車両を運転した場合は運転操作を妨げる危険性があり、交通違反となります。

具体的な危険性として

  1. 履物が脱げそうになることで運転に集中ができない
  2. 履物の一部が引っかかりブレーキペダルを適切に踏むことができない

などが挙げられ、交通事故の要因となります。

根拠

道路交通法第71条第6号

静岡県道路交通法施行細則第9条第2号

「運転操作に支障を及ぼすおそれのある下駄、スリッパその他のはきものを着用して車両を運転しないこと。」

罰則

5万円以下の罰金

反則金

大型車 7,000円
普通車、二輪車 6,000円
原付車 5,000円

違反点数はありません。

お問い合わせ

静岡県警察本部交通部交通指導課

静岡県静岡市葵区追手町9番6号

電話番号:054-271-0110(代表)