ホーム > 申請・手続き > 運転免許証申請 > 外国免許から日本免許への切替

ここから本文です。

更新日:平成29年3月10日

外国免許から日本免許への切替

申請ができる方の要件

  • 外国免許取得後、その国に通算して3か月以上滞在していた方
  • 申請時に、その国において有効な外国の免許証を持っている方

審査

  • 外国免許証等の審査、知識の確認、技能の確認を行います。

申込場所、時間

申込みはいずれかの警察署(浜北警察署を除く)で平日の午前8時30分~午後5時00分に行ってください。

注1:切替のための試験は申込みのとき予約し後日に各運転免許センターで行います。

注2:日本語を話せない方や書けない方は、必ず通訳のできる方を同伴してください。

必要な持物

  • 外国籍の方は、国籍の記載された住民票と在留カード(外国人登録証明書)
  • 日本国籍の方は、本籍の記載された住民票
  • 写真1枚(持参した写真による免許証を希望する方は、2枚)
    ※持参した写真による免許証を希望する場合、東部、西部運転免許センターで受験した方は、浜北警察署を除く管轄の警察署等で後日交付(3週間後)となります。(ただし、免許証を受領するまでは、運転できません。)※申請用写真、持参写真については、「申請等免許写真の規格等」を参照してください。
  • 外国の運転免許証
  • 外国免許証の翻訳文(「外国免許証の翻訳を行なえる者」参照)
  • パスポート等渡航を証明する書類(数冊お持ちの方は、全部提示してください。また、パスポートの全部または一部を紛失した方は入国管理局の開示書が必要です。)
  • 過去に日本の免許証を持っていたことがある方は、日本の期限切れ免許証又は運転経歴証明書
  • その他
    • ブラジル免許の場合はIDカード、中国免許の場合は身分証、フィリピン免許の場合は公用領収書(オフィシャルレシート)も提示してください。
    • 外国免許証の交付日、取得日、有効日等が不明な場合は、その免許証の運転経歴証明書等を提出していただきます。
    • パスポートで運転免許証を取得した国の滞在期間が確認ができない場合は、雇用主の証明等、その国での滞在期間を証明できる書類を用意してください。

提示が必要な書類等(平成19年9月19日、道路交通法施行規則一部改正施行)

運転免許申請時において、免許申請者が本人であることを確認するに足りるものとして、下記のもののうち、いずれかを提示しなければなりません。

なお、本人であると確認できない場合は、申請を受理することができません。

  • 健康保険の被保険者証
  • 住民基本台帳カード
  • 旅券(パスポート)
  • 官公庁が法令の規定により交付した免許証、許可証又は資格証明書等の書類及び官公庁がその職員に対して発行した身分を証するに足りる文書

注意

上記以外の学生証や民間会社の社員証等については、学校や勤め先に電話等により照会するなどして本人であることが確認できた場合のみ受験可能となりますので、極力上記書類をお持ちください。

運転免許試験受験者の皆様へ

 外国免許証の翻訳を行える者

  • 外国の免許証を発給した行政庁
  • 外国免許証を発給した国の在日領事機関
  • 日本自動車連盟(JAF) 静岡支部 静岡市駿河区曲金 TEL 054-654-1515

詳しいことは最寄の運転免許センターにお問い合せください

東部運転免許センター Tel 055-921-2000(沼津市足高)
中部運転免許センター Tel 054-272-2221(静岡市葵区与一)
西部運転免許センター Tel 053-587-2000(浜松市浜北区小松)

運転免許センターへの交通機関案内

お問い合わせ

静岡県警察本部交通部運転免許課

静岡県静岡市葵区追手町9番6号

電話番号:054-271-0110(代表)