東京2020オリンピック・パラリンピック×しずおかの木 レガシー材とは一体”何者”?

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID1046636  更新日 令和5年1月30日

印刷大きな文字で印刷

東京2020オリンピック・パラリンピックと静岡県のつながりや、レガシー材についてご紹介!

また、皆様から多くの御応募をいただいたレガシー材を利用した作品の今をお知らせします!

写真:ビレッジプラザ

写真:保管状況

イラスト:焼き印A

イラスト:焼き印B

写真:試作品(仮)

動画サムネイル:東京2020オリンピック・パラリンピック × しずおかの木

1.東京2020選手村ビレッジプラザに森林認証材を提供しました

静岡県は、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が全国に呼び掛けたプロジェクト「日本の木材活用リレー みんなで作る選手村ビレッジプラザ」に賛同し、選手村ビレッジプラザの建築資材として静岡県産森林認証材を提供し、その品質と供給力を世界に発揮しました。

「選手村ビレッジプラザとは?」詳しくご説明します!

イラスト:木提供の流れ

選手村ビレッジプラザに静岡県産森林認証材を提供したプロジェクトについて、関係者のインタビューを交え紹介しています。詳しくは動画をご覧ください。

2.静岡県から提供された木材が選手村ビレッジプラザに使用されました!(内覧会の様子)

令和2年1月29、30日に木材提供に協力した全国の自治体及び協力者が選手村ビレッジプラザに招かれました。さて、静岡県の木材はどこに?

まずは外観です。ふんだんに木材が使用され、重厚感が漂います。

写真:外観1

写真:外観2

写真:外観3


3本の柱をねじった構造が特徴的な内観

写真:内観1

写真:内観2

写真:内観2


床・天井・柱にも「静岡県」を発見!

写真:床

写真:天井

写真:柱


全国各地の木材が使用されています。「静岡県」もしっかりいます!

写真:使用されている木材の地名


大会終了後、提供したしずおかの木が新な姿に....!?

3.皆様からレガシー材を活用したアイデア作品を募集しました

大会終了後、提供した木材を大会のレガシー(遺産)として利用するため、県民の皆様からアイデアを募集しました。その結果355作品の応募があり、この中から6作品が優秀作品として選定されました。

写真:アイデア作品

各作品の作者の皆様

  • 五弁の富士山ベンチ 作者:静岡市葵区 チーム「ふーじーず」のお二人
  • これはペン立てです 作者:県立浜松大平台高校3年 鈴木大侃さん
  • 静岡ラック 作者:静岡市清水区 チーム「azalea」のお二人
  • 角材を使ったブックラック 作者:県立静岡農業高校3年 三浦千穂さん
  • ロングチェア(WORLD) 作者:県立富岳館高校1年 桐山実海さん(受賞対象はロングチェア)
  • 多様性のフラワーベース 作者:浜松市西区CBAさん

4.試作品が完成しました

現在、試作されたロングチェアとブックラックが静岡県庁東館2階の県民サービスセンターに設置されています。静岡県産材の手触りをぜひ感じてみてください。

また、試作品は、令和4年11月1日から20日まで開催された「未来茶会展」にも展示されました。

展示の様子をぜひご覧ください。

写真:試作品のロングチェア
ロングチェア
写真:試作品のブックラック
ブックラック

5.製造の様子

ただいま制作中

6.県内設置場所

1.県立富岳館高等学校

今後の予定

現在、ロングチェアを制作中です!(近日公開予定)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビ株式会社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

経済産業部森林・林業局林業振興課
〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6
電話番号:054-221-2612
ファクス番号:054-221-2829
rinshin@pref.shizuoka.lg.jp