• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 県政総合 > ようこそ部局長室へ > 経済産業部長室 > 経済産業部長トーク~ものづくり産業、新たなステージへの挑戦~

ここから本文です。

更新日:平成27年11月17日

~ものづくり産業、新たなステージへの挑戦~

IoT(Internet of Things、モノのインターネット)が注目されており、ものづくりの分野でもIoTを活用した取組が進められています。

このような中、静岡県は、県内企業や大学、産業支援機関、金融機関、行政などをメンバーとする「静岡県IoT活用研究会」を立ち上げました。

研究会では、産学官が一体となって、IoTの活用による新たなものづくりや物流のあり方を検討し、県内企業の経営力の向上やビジネスの創出につなげていきます。

 

研究会には84(11月5日現在)の企業・団体の皆さんから入会希望があり、11月5日に静岡市で開催した設立総会には、69の会員の方々に出席いただきました。

会長に就任いただいた静岡大学伊東学長からは、「産学官の連携により、新たな活用の道を切り拓きたい」と力強いお言葉をいただきました。

私からは、情報提供やビジネスマッチングに加え、分科会を置き、具体的なテーマを設けて研究活動を行っていくことをお伝えしました。

 

総会に引き続き、「ものづくり革新セミナー」を開催しました。

はじめに、「ものづくりの将来像とIoT」と題して、三菱電機株式会社名古屋製作所の楠和浩氏から、IoTの活用事例を紹介いただきました。

次に、「工場・インフラにおける協立電機のIoTへの取組」と題して、協立電機株式会社の齋藤彰利氏から、IoTのもつ効果や、IoTに対応した設備・制御システムの導入事例をお話しいただきました。

協立電機は、先日IoTをリードするGE(ゼネラル・エレクトリック)社と関連システムの国内総代理店契約を結び、事業を強化しています。

ものづくり産業の将来に向けて、IoTに期待することなど、理解が深まる講演となりました。

 

IoTは、事業の規模や業種の垣根にとらわれることなく、あらゆる事業者に「革新」や「改革」の可能性があると考えています。

今後も、本県の産業やそれぞれの企業がオープンなマインドで事業展開することを支援していきます。

iot_01

いよいよ研究会がキックオフ

左から、会長に就任した静岡大学伊東学長、副会長に就任した(公財)静岡県産業振興財団 櫻井理事長、同じく副会長の(公財)浜松地域イノベーション推進機構 岡部理事長

 

iot_bucho

研究会の発起人代表として、製造業のみならず、農業などの一次産業でも十分なメリットを提供したいと挨拶しました

 

iot_02 

180人の定員が満員となったセミナー会場

参加者の方々は熱心に耳を傾けていました

 

 

お問い合わせ

経済産業部産業革新局産業政策課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2635

ファックス番号:054-221-3217

メール:keisan-seisaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?