• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 県政総合 > ようこそ部局長室へ > 経済産業部長室

ここから本文です。

更新日:令和3年4月1日

経済産業部長室

         

経済産業部長

三須敏郎

 

 

経済産業部長室へようこそお越しくださいました。

経済産業部長の三須敏郎(みすとしろう)です。

 

本県では、AI、ICT等の先端技術の急速な進展による社会経済を取り巻く変化を踏まえ、静岡県の新ビジョンの実行計画である「静岡県経済産業ビジョン」に基づき、各施策を着実に実行してまいりました。

こうした中、新型コロナウイルス感染症の影響で、県内経済は大きな打撃を受けております。県では、これまで県内企業の資金繰り支援や、雇用の維持、確保などの「つなぐ」支援に注力するとともに、感染リスクの軽減を図りながら、経済活動の継続に向けた動きを支援するなど、経済の再生に取り組んでおります。

令和3年2月には、アフターコロナを見据えた経済成長への道筋を示す「静岡県産業成長戦略2021」を取りまとめました。感染症の収束が見通せない中、引き続き、金融支援、雇用維持などの緊急対策を継続しつつ、コロナ禍で顕在化した課題や教訓を踏まえ、地域主導型の経済政策「フジノミクス」を本格的に展開いたします。ヘルス(健康)とウエルス(富)の一体的推進を図りながら、デマンドサイド、需要側から財とサービスの消費を喚起し、サプライサイド、供給側からリーディング産業の育成を図ってまいります。

県としては、コロナ禍で打撃を受けた県内経済の再生に取り組むとともに、静岡県経済産業ビジョンの6つの戦略を着実に実行し、「人」と「富」の創出により県内経済を持続的に発展させ、県民の豊かな暮らしの実現を目指してまいります。

 

戦略1産業人材の確保・育成

現在、県内の雇用情勢は厳しい状況にあります。このため、雇用・労働相談体制の充実を図るほか、在職者訓練や失職・離職者への対応を通じて、雇用の維持・確保に取り組んでまいります。

また、コロナ禍後を見据え、「30歳になったら静岡県」をキャッチフレーズとしたUIターン促進、トップレベル人材から次世代人材に至る各階層に応じた施策を展開し、産業人材の確保と高度な知識と技術を持つ人づくり、誰もがいきいきと働ける環境整備と多様な人材の活躍支援、子どもたちが「生きる道」としての仕事を学ぶ環境づくりなどに取り組んでまいります。

 

戦略2次世代産業の創出・成長産業分野の参入促進

多様な業種による連携とDXで、先端産業創出プロジェクトの取組を強化します。また、医薬品・医薬機器の国内開発、輸出産業化等のリーディング産業の育成を図ります。加えて、県内企業の技術情報WEBサイト「テクノロジー静岡」の活用や、先端産業創出プロジェクト間の連携を促進するなど、オープンイノベーション・プラットフォームの機能強化に取り組み、本県産業全体の相乗効果を高めてまいります。

 

戦略3中小企業・小規模企業の経営基盤強化

中小企業向け制度融資による資金繰り支援を継続するほか、業態転換や新たなビジネスモデルの構築、経営革新計画の取組などを後押しし、中小企業や小規模企業の経営力向上や経営基盤の強化に取り組んでまいります。また、喫緊の課題となっている事業承継やBCP対策も強化してまいります。

 

戦略4農林水産分野のルネサンス

中央日本4県(静岡県、山梨県、長野県、新潟県)による新たな広域経済圏「山の州(くに)」を形成し、農林水産物の域内完結型のサプライチェーンを構築いたします。また、農芸品の一層の生産力強化に向けたスマート農業の導入、ブランド力の強化、デジタル技術・ECサイトの活用による販路開拓、現場の即戦力となる高い技術や経営管理能力を持った人材の育成、農山漁村の再生などを通じて、農林水産分野の革新と再生を図ってまいります。

 

戦略5通商の拡大と海外活力の取り込み

TPP11や日EU・EPA、日米貿易協定、RCEPによる自由貿易の拡大を契機とした県産品の輸出拡大や、新たな海外販路の開拓、地域企業の海外展開支援など、世界市場を見据えた積極的な施策を推進し、通商の拡大や海外活力の取り込みを図ってまいります。

 

戦略6エネルギーの地産地消の推進

国は、2020年12月、カーボンニュートラルの実行と「経済と環境の好循環」を作るグリーン成長戦略を策定しました。県でもこうした国の動きなども踏まえ、ふじのくにエネルギー総合戦略の改定作業を進めてまいります。また、災害に強い、地域の自立・分散型エネルギーシステムの構築支援、小水力やバイオマス等、県内資源を生かした再生可能エネルギーの導入を促進するほか、省エネルギー社会の形成や新たなエネルギー産業の創出に取り組んでまいります。

 

このように、経済産業部が所管する分野は大変多岐にわたっており、同時に大きな責任を担っています。

 

私たち経済産業部の職員は、『美しい“ふじのくに”』の『人づくり』、『富づくり』を進めるに当たり、現場主義に立ち、県民の皆様の声を大切にしながら、積極的に施策を展開してまいります。

 

ぜひ、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

令和3年4月

 

経済産業部

お問い合わせ

経済産業部政策管理局産業政策課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2635

ファックス番号:054-221-3217

メール:sangyo-seisaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?