• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 産業・雇用 > 農山村・農地 > 農地保全課 > 一社一村しずおか運動 > 活動事例 > 日大短期大学部食物栄養学科と伊豆月ヶ瀬梅組合

ここから本文です。

更新日:平成25年7月3日

一社一村しずおか運動

活動事例No.24日本大学短期大学部食物栄養学科×伊豆月ヶ瀬梅組合

「日本大学短期大学部食物栄養学科・専攻科食物栄養専攻」と「農事組合法人伊豆月ヶ瀬梅組合(伊豆市)」の取り組み

日大による梅研究成果発表会を開催!

平成25年2月27日(水曜日)に日大の学生がこれまでの梅に関する研究成果を地元で発表し、梅組合員など、地元関係者20名が参加しました。

学生は、月ヶ瀬の梅や加工品の成分特性や梅を使用した新製品について発表を行いました。会の最後には、大学で試作した梅ドレッシングの試食を行いました。

今後も研究を進めていくことで、新商品開発など月ヶ瀬の今後の更なる発展が期待されます。

活動内容

日本大学短期大学部食物栄養学科の、室伏教授を始めとした研究室の学生たちが、地域活性化や特産品開発、販売戦略の提案をテーマとした研究の場として、平成20年度から伊豆市月ヶ瀬にある「伊豆月ヶ瀬梅園」で活動を行っています。学生たちはその他にも梅林の管理への労務提供を行ったり、イベントにも出展を行っています。

梅園での研究の成果を発表   月ヶ瀬でのイベント出展
研究の成果を地元の人たちの前で発表   月ヶ瀬で行うイベントへの出展、協力

協働活動の記録

 認定式を開催しました!

平成23年1月27日、「しずおか380万人の農山村シンポジウム」内で「日本大学短期大学部食物栄養学科」と「(農)伊豆月ヶ瀬梅組合(伊豆市)」の取り組みが「一社一村しずおか運動」に認定されました。この取り組みは「伊豆月ヶ瀬梅園」を地域活性化や特産品開発の研究の場として利用しながら、梅林管理への労務提供やイベントへの協力を行うものです。当日は、静岡県森山交通基盤部長より認定証が手渡されました。

 

日大×月ヶ瀬    
シンポジウムでの認定式の様子    

 

 

 

 

 協定式を開催!

平成22年8月30日、静岡県東部農林事務所所長室にて協定式が開催されました。伊豆市月ヶ瀬の観光スポット「伊豆月ヶ瀬梅園」の地域資源および活性化施設「梅びとの丘」「梅びとの郷」の積極的な活用を含め、お互いが対等なパートナーシップを築きながら、双方の資源、人材、ネットワークを活かした協働活動の実現を目指して協定書にサインを行いました。

 

 
 
     

お問い合わせ

経済産業部農地局農地保全課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2714

ファックス番号:054-221-2809

メール:nouchihozen@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?