• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 産業・雇用 > 農山村・農地 > 農地保全課 > 一社一村しずおか運動 > 活動事例 > 株式会社ノバレーゼと農事組合法人おもす

ここから本文です。

更新日:令和2年1月14日

一社一村しずおか運動

活動認定No.30
株式会社ノバレーゼ×農事組合法人おもす(沼津市)

協働でみかんの摘果・収穫、みかんを使った特産品の開発を進めています!

CSRが記念すべき10周年を迎えました!

2019年12月10日(火曜日)から12日(木曜日)の3日間、株式会社ノバレーゼが、沼津市内浦重須地区にて10年目となるCSR活動を実施しました。

晴天の中、みかんの収穫や選果場の見学を行いました。今年は10周年記念ロゴを使用したオリジナルヤッケと横断幕を制作。最終日には、3日間の振り返り映像を流し、笑顔と涙が溢れるあたたかい時間となりました。

農家さんの「ノバレーゼのみんなは全員私たちの親戚だからね」という言葉の通り、あふれんばかりの愛情に触れ、モノを大事に扱うこと、人を愛することの大切さを学びました。

これからも、『人生が変わる3日間』を体験できるノバレーゼ×想酢倶楽部とのCSR活動は続きます。

10周年振り返りムービー(外部サイト(YOUTUBE)へ)(外部サイトへリンク)

思い出が詰まった10周年記念横断幕

 

最終日の記念撮影

 

笑顔あふれる収穫作業

記念ヤッケは農家さんも着用

 

休憩中のお話も貴重な体験

 

新商品「想酢+プラス」発表会が開催されました!H25重須お披露目

農事組合法人おもす(沼津市内浦重須)と株式会社ノバレーゼ(東京)は、平成23年度に重須産の完熟・摘果みかんを使用したお酢「想酢(おもす)」を開発しました。
そして今年度、この「想酢」をベースとして、飲みやすい美味しさをプラスした「想酢+プラス」を発売しました。

平成25年4月20日(土曜日)に、この披露会と試飲会が農産物直売所OH!MOS(おーもす)(沼津市内浦重須)で開催されました。(農)おもす女性部からは、シンプルに水で割る他に、牛乳割りや酢飯に使用する方法が紹介されました

株式会社ノバレーゼが重須地区で研修を実施しました。H24重須研修

平成24年12月11日~13日まで、株式会社ノバレーゼが沼津市の重須地区で研修を実施しました。

ウエディングプロデュース・レストラン運営を行っている同社では、CSR活動の一環として2009年から同地区で農商工連携プロジェクトを進めています。2011年には、摘果みかんを使用したみかんのお酢「想酢」を商品化しました。

今年の研修では、みかんの収穫体験と新商品の開発会議を実施しました。12日に行われたワークショップでは新商品についてプレゼンを行い、地元・会社・お客様の3者にとって嬉しい楽しい商品を目指し熱い意見が交わされました。

2012年度産「想酢」発売開始!

平成24年4月21日(土曜日)に農産物直売所「OH!MOS(オーモス)」でみかん100%のお酢“想酢”の2012年度産お披露目会と試食会が開催されました。当日は地元関係者や企業、報道機関を含めて約40名が参加し、出来立ての“想酢”を使った料理を試食しました。
2012年度産“想酢”は、昨年度以上に香り豊かで飲みやすく仕上がったとのことで3,000本限定で5箇所の産直市で発売されます。

この“想酢”は、る農事組合法人「おもす」と株式会社ノバレーゼが、ソースメーカーの鳥居食品と3者共同で開発した商品です。

株式会社ノバレーゼは、CSR活動の一環として、社員が農業研修として摘果・搾汁作業を農家の方と共同で行うほか、ワークショップを開き、商品企画や広報活動等の意見交換を行っています。H24重須発表会

販売場所:

OH!MOS(沼津市内浦重須14-10)

金岡産直市(沼津市東熊堂600-1)

JAふれあい市(裾野市佐野1087)

長泉産直市(長泉町下土狩1029-1)

西部産直市KAU~ら(東椎路字芝原下677)

(*)OH!MOSでは、21日からその他は28日から発売です。

認定式が行われました!ノバ・重須記念撮影

平成23年11月24日に、静岡市駿河区のグランシップにて行われた「美しい邑づくりパートナーシップ全国交流会」にあわせて、認定式が行われました。活動内容の紹介が行われた後、県交通基盤部長より認定証の交付が行われました。

また、続いて行われた「美しい邑づくりパートナーシップ全国交流会」では、「企業からのメッセージ」として、(株)ノバレーゼの広報・宣伝ディビジョンの野原氏が、CSRの方針や、農事組合法人おもすとの取組の紹介や、事業を始めたきっかけなどを紹介しました。熱のこもった発表に、多くの参加者が聞き入っていました。

パネル展で「想酢」のPR!アイス試食

「美しい邑づくりパートナーシップ全国交流会」と同時に開催された「一社一村しずおか運動」パネル展において、農事組合法人おもすの方々が、(株)ノバレーゼと摘果みかんをつかったお酢「想酢(おもす)」のPRを行いました。

ただのバニラアイスに「想酢」をかけると、まるでレアチーズケーキのような味に変身。試食した参加者のみなさんの反応も一様によく、たくさんの質問に答えていました。

 

協働の取組紹介想酢の記者発表

(株)ノバレーゼは、本社を東京に置き、全国でウェディングプロデュース、レストランなどの運営を行っています。一方、「農事組合法人おもす」は、沼津市内浦重須地区にてみかんの栽培や直売所の運営を手がけています。

活動は(株)ノバレーゼの社員研修の一環として、重須地区において、「農事組合法人おもす」の方々の指導を受けながら、みかんの摘果や収穫作業の手伝い、協働選果場の見学、勉強会などを行っています。「(株)ノバレーゼ」がサービス業として関われることはないか、と活用されていなかった「摘果みかん」に着目し、地元を巻き込んでワークショップを開催しました。その結果、摘果みかんを使った酢、「想酢(おもす)」の商品開発に進みました。

双方の専門性を活かした取組により、企業の文化醸成に繋がる機会、地元にとっては地域活性化への機会の創出につながるような活動を目指しています。

みかんの収穫
みかんの収穫作業の支援

ワークショップ
地元で開催されたワークショップの様子


活動団体の紹介

 

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

経済産業部農地局農地保全課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2714

ファックス番号:054-221-2809

メール:nouchihozen@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?