• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 産業・雇用 > 農山村・農地 > 農地保全課 > 一社一村しずおか運動 > 農村の要望 > 一社一村/農村の要望/万瀬

ここから本文です。

更新日:平成28年11月24日

一社一村しずおか運動

農村の要望7

『健康と癒しのグリーン・ツーリズム』で、もうひとつのふるさと発見!”磐田市敷地地区”

1. 場所

磐田市敷地地区は市の北端に位置し、東名袋井、磐田、浜松の各インターチェンジから約30分程度の距離にあります。

ローカル列車の天竜浜名湖鉄道敷地駅があり、山林と傾斜地の茶畑やふもとの柿園、田畑が調和したおだやかな農村景観が形成されています。

敷地地図

2. 地域について

  • 地域の74.2%は林部で敷地川沿いに集落が点在し、耕地は7.8%で、南部地域の水田と北部山間地域に樹園地等が散在しています。
  • 平成18年3月に地区住民が中心となり、都市農村交流に取り組む「敷地村ふるさと交流倶楽部」を結成しました。
    産地直売店「白壁館」、農村レストラン「万瀬ぼうら屋」、農産物加工体験施設「万瀬路」、茶業農家、柿栽培農家、炭焼き名人等、30名ほどで組織されています。
    倶楽部では、「健康と癒し」に役立つ山里グリーン・ツーリズムを展開してゆこうと地域の交流体験資源(農産物、果樹、山菜、森林・竹林、山里景観等)を活かした体験メニューづくりや体験プログラムを実践しています。また、都市部の倶楽部会員の募集を行い、グリーン・ツーリズム推進による地域の活性化を目指しています。

 

敷地地区全景

万瀬風景

 

3. 企業の皆さんと

  • 農産物加工体験施設「万瀬路」の共同活用
    地元の倶楽部員が運営(味噌・饅頭づくり、そば打ち等)する「万瀬路」では、そば打ち体験や山菜料理体験等、地場の資源を活かした体験や借り手のアイディア(郷土料理教室、草木染等)で施設を利用できます。
  • 協働によるイベント開催
    地域資源を発掘して、都市農村交流の活性化を図るイベントの企画・運営を協働で行うことにより、資源を活用した商品開発(食品・ヒーリング用品・インテリア商品他)等につながる可能性もあります。 
  • 広大な山林の共同活用
    地区には約556,000平方メートルもの広大な共有林があります。協働で山林の整備(伐採、下草刈り、林木の切り出し等)や広葉樹の植栽、散策路作り、マウンテンバイクのコース作り等を行い、社員研修やレジャー、保養の場としての利用、また、広域からの参加を促すイベント(ウォーキング、マウンテンバイクイベント等)を開催することができます。
  • その他
    ・沿道や空き地への花植えなどの環境保全活動ができます。
    ・農業体験や自然豊かな農村体験を通して、日常生活の健全性を考えるきっかけをつくります。(食農、食育、地域コミュニティ等)
万瀬路 体験の様子 敷地地区全景2

4.もっと地域を知るために

磐田市敷地地区の自治会ホームページが完成しました。ぜひご覧ください。
磐田市敷地地区ホームページ「青雲」はこちらから

お問い合わせ

経済産業部農地局農地保全課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2714

ファックス番号:054-221-2809

メール:nouchihozen@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?