• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 産業・雇用 > 農山村・農地 > 農地保全課 > 一社一村しずおか運動 > 農村の要望 > 農村の要望/月ヶ瀬

ここから本文です。

更新日:平成28年11月24日

一社一村しずおか運動

農村の要望8

伊豆半島一の梅園を目指します~梅を通じた地域活性化!”伊豆市月ヶ瀬地区”

1. 場所

伊豆市月ヶ瀬地区は伊豆の中央部、天城山麓の麓に位置し、東名沼津インターチェンジから約70分程度の距離にあります。
天城連峰を一望する山の斜面に6.2haの梅林が広がっています。

 

2. 地域について

  • 梅園の全景月ヶ瀬地区では昭和44年から新たな生産・販売事業として梅栽培を始め、収穫量増大、加工による高付加価値化を図ってきました。
  • 現在は中長期事業計画により、収益基盤の拡大に努めるとともに、梅園を観光新名所として「伊豆半島随一の梅公園」に作り上げる一大プロジェクトを推進中です。
  • 非常に前向きで議論好きな組合なので、一緒に仕事をすると楽しさを共有できると思います。私達の梅園をフィールドに一緒に活動してみませんか?

3. 企業の皆さんと

天城山系に抱かれた、広大な梅園。様々な活用が可能な梅。私達と一緒に伊豆半島一の梅園を目指しませんか?

1.企業の社会貢献(CSR)の場として

  • 満開の梅園梅園の観光公園化
    「観光客100万人の伊豆随一の梅公園」を目指しています。コンセプト作り、情報発信に是非ご協力ください。
  • 共同ボランティア活動
    環境保全など、地域活性化のためのボランティア活動を一緒にやりませんか?

2.社員教育の場として

  • 収穫体験梅の管理作業体験
    農作業体験など、研修の場として梅園を利用できます。
  • 作業体験用梅畑の貸出(オーナー制度)
    オーナーになっていただくと、専用の区画を提供できます。


3.福利厚生の場として

  • 梅もぎ体験と梅加工品づくり体験
    福利厚生等として、梅の収穫や加工体験ができます。

4.商品開発の場として

  • 生梅、加工品の販売支援、商品開発
    生梅や梅シロップ、梅ジャム、梅干などの加工品の販路拡大、新商品開発のために企業様のアイデア、ネットワークを提供してください。

お問い合わせ

経済産業部農地局農地保全課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2714

ファックス番号:054-221-2809

メール:nouchihozen@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?