• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 経済産業部 > 商工振興課 > コミュニティビジネス事例集(NPO法人掛川市体育協会)

ここから本文です。

更新日:平成25年12月2日

<スポーツ振興・まちづくり>スポーツコミュニティでまちづくりNPO法人掛川市体育協会

所在地

〒436-0043静岡県掛川市大池2250

掛川市体育協会1

代表者

会長雜賀祥宣

電話

0537-22-5553

FAX

0537-22-1333

URL

設立

(創立)昭和21年4月1日、(法人設立)平成14年4月1日

運営人数

85名

事業内容

市内全公共スポーツ施設の指定管理者、総合型地域スポーツクラブ事業掛スポ(掛川総合スポーツクラブ)、体験農園や市民農園事業掛ファーム(掛川体協農園)、着地型ツーリズムの企画やスポーツ大会・合宿などの地域手配事業掛ツアー(掛川体協ツーリスト)、地域のいいことを支援する掛マネーいーさ事業等で、地域のスポーツコミュニティでまちづくりを推進

 

「さんりーな」開館をきっかけに

平成15年10月掛川市にスポーツコミュニティ施設「さんりーな」が開館した。「さんりーな」は、掛川市を含む広域の施設として建設され、その管理運営をNPO法人掛川市体育協会が担当している。

同協会には公共施設は単なる箱ものであってはならないという強い想いがあり、平日の昼中でも幅広い地域住民が気軽に利用できる愛される施設を目指した。すなわち一部のスポーツ関係者だけの施設ではなく、文化活動やニュースポーツなどによる交流も楽しめるスポーツコミュニティ施設を目指したのである。その具体的な推進事業として平成17年4月より掛スポ(掛川総合スポーツクラブ)の活動を開始、現在「さんりーな」は同協会が目指した通り平日も多くの利用者でにぎわう。

 

掛川市体育協会2

オープンギャラリーで子どもたちの絵画展。

新しい公共として

他の体育協会は行政からの補助金などで運営されていることが多いが、同協会は市内全公共スポーツ施設の指定管理を受託するとともに、同協会が推進する自主事業を実践するなど運営の積極性が際立っている。これらはスポーツや健康づくりをキーワードに、掛スポ(掛川総合スポーツクラブ)、掛ツアー(掛川体協ツーリスト)、掛ファーム(掛川体協農園)などの地域貢献事業で活動の幅を拡大し新しい公共として同協会全体で収支バランスが取れており、特に掛スポは自主財源率100%を確保しており、補助金を受けない総合型クラブのあり方は全国的にも注目されている。

 

掛川市体育協会3

掛スポのジュニアプログラム。新体操の教室。

地域貢献のための3つの事業

地域貢献のための3つの事業とは、掛ファーム(掛川体協農園)、掛ツアー(掛川体協ツーリスト)、掛マネー「いーさ」(地域通貨)である。

掛ファームは、子どものからだづくり健康づくりのためにはスポーツだけではなく食も大切であるとの考えから、農業体験やボランティア活動を通じた人づくりや食育の推進を目的とする。ボランティア活動のお礼には掛マネー「いーさ」を発行している。

その掛マネー「いーさ」は、スポーツボランティアのお礼として生まれたツールである。掛川新茶マラソンに、毎年1,000人以上のボランティアが参加しており、そのお礼として、現金ではなく地域通貨はどうだろうかという発想のもと、5年間の構想のうえ、現金には一切還元しない掛マネー「いーさ」を立ち上げた。地域のいいことを地域のいいことで支える仕組みである。これにより行政や市民活動団体などによるまちづくりも活性化され、地域の協力店はイメージアップと他店との差別化を図ることで利用促進が期待されている。

掛ツアーは、掛川で開催される大規模大会を誘致した際、宿泊施設や会場への送迎バス、弁当など、大会関連で発生する需要を地域に還元することで、地元経済の活性化を支援することが目的である。掛ツアーを推進するため第2種の旅行業を立ち上げた。大きな大会に限らずスポーツイベント・合宿などでも同様で、宿泊手配や弁当の手配などを優先的に地元の業者で行うことは、掛ツアーが地域活性化となる地域のビジネスチャンスを創造することとなる。

この3つはそれぞれ独立した事業として機能しているが、担当職員が業務を兼務することでそれぞれが有機的に繋がり、これらの事業を相互に育てあう展開をみせている。

 

掛川市体育協会4

掛川新茶マラソン応援キッズランナー。掛スポの子どもたちが大活躍!

 

掛川市体育協会5掛川市体育協会6

「さんりーな」内で掛ファームの野菜を販売。掛マネー「いーさ」も使える。

今後の展望

掛スポは、平成23年度文部科学省のスポーツコミュニティの形成促進事業(以下、スポコミ事業)の拠点クラブに認定された。この事業の目的は、新しい公共を担うコミュニティ拠点を育成することで、同協会は元気なまちづくりを支援している。また、全日本大会以上の競技経験を持つトップアスリートを指導者として、部活動やスポーツ少年団、総合型クラブなどに派遣する事業では、地域スポーツとトップスポーツの好循環を創出するねらいがある。このスポコミ事業は単年度事業であるが、同協会では独自事業として登録指導者を地域へ派遣する事業も実施しており、今後も地域のスポーツコミュニティを継続的に推進していく予定であり、今後の事業展開が楽しみである。

 

掛川市体育協会7

NPO法人掛川市体育協会の掛川・大家族構想。
5つの事業でまちづくり!

 

←コミュニティビジネス事例集の目次に戻る

←前の事例に戻る(清見潟大学塾)

▲このページの先頭へ

コミュニティビジネスの推進トップページ

お問い合わせ

経済産業部商工業局商工振興課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2181

ファックス番号:054-221-3216

メール:ssr@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?