• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 経済産業部 > 商工振興課 > コミュニティビジネス事例集(クラシック音楽企画 Kots of Art)

ここから本文です。

更新日:平成29年6月12日

<文化・スポーツ振興関連>最高の音楽を地方から発信。若手音楽家に活躍の機会を提供し、音楽文化の振興を図るクラシック音楽企画KnotsofArt(ノッツ・オブ・アート)

所在地

〒420-0852静岡市葵区紺屋町8-12金清軒ビル1階

ノッツ2014-1

クラシック音楽企画KnotsofArt代表、京極美穂子氏。「クラシック音楽をただ聴く機会を作るだけでなく、その価値を高め、演出したい」と語る京極氏。「早くから楽器に触れてもらいたい」と、子どもたちも楽しめるコンサートを開き、開演までの時間を触れ合いながら過ごす。

代表者

京極美穂子

電話

054-246-6115

URL

設立

平成24年12月

事業内容

クラシック音楽イベントの企画運営、若手演奏家の育成

 

地方の音楽文化が変わる

専業主婦の傍らピアノを弾くことを楽しんでいた京極美穂子氏は、子育てが一段落した頃、都内で開かれたクラシックコンサートの演奏を聴き、その素晴らしさに感銘を受けた。「同じような演奏を静岡でも聴きたい。」という思いから、プロによる演奏会の開催について調べてみると、都内では多く開催されているものの、地方では聴ける場が少ないことに気づいた。また、日本では若手演奏家を育成する機関も少ないため、プロとして成長する時期から優秀な人材が海外へ流出してしまっていることもわかった。

それらの課題解決に向け、「地方でも若手演奏家が活躍できる場を作ろう。」と、平成24年12月、「クラシック音楽企画KnotsofArt」を設立し、地方でのクラシックコンサートの開催と若手演奏家の支援を行うべく活動を開始した。

地域全体で育てる若手演奏家

同事業では、年2回静岡市内でコンサートを自主開催している。はじめは赤字からスタートしたコンサートも、回を重ねるごとに増員し、今や300人以上を動員するまでになっている。チケットの購入者は単に演奏を聴きたいだけでなく、若手演奏家を育てていく喜びを共に分かち合いたいという京極氏の思いに賛同した人たちがほとんどである。

今後は、静岡で音楽文化を振興していくためのベースづくりとして、単なる学習の一環ではなく、生のクラシック音楽を聴くことができる貴重な体験として、県内小中学生を中心に公演を届けていこうと考えている。地域が一体となって育てる音楽文化がここからはじまる。

ノッツ2014-2ノッツ2014-3

東京の音楽大学を卒業した若手音楽家たちに出演してもらい、本格クラシック音楽から誰もが知っている音楽まで、客層に応じてプログラムを検討する。京極氏の長女もバイオリストとしてコンサートを盛り上げる。

 

起業後に直面した新たな課題

設立当初から1人ながらも思いを直接届けることで営業活動に実りを見せていたが、今後活動の場を広げていくためにも、もっと多くの人に思いを共有してもらいたいと考えている。それには何をしたらいいのか?

<専門家によるアドバイス内容>ノッツ2014-4

これまで使用してきた印刷物は全体の統一感が感じにくく、名刺を見てもどんな事業を行っているのか連想しにくい。また京極氏が最も伝えたい思いも、話さないと伝わらない状態である。

そこで、事業のコンセプトや、誰に、何を提供したいのか、という点を今一度見直し、その思いをデザインすることで目に見えるかたちで表現し、事業のブランディングを図った。

まず、同氏が大切にしているコンセプトや思い、色を基に「和→円」「想い→ハート」「音楽・楽器→バイオリン」に置き換え、ロゴと企業カラーを決定した。これにより、事業のイメージを相手に伝えやすくなった。

できあがったロゴと企業カラーは、名刺やDM、パンフレット等のデザインに使用し、コンサートやイベント開催に向けた営業において有効活用する。

<アドバイス後の動き>

平成26年6月に開催したコンサートでは、地元企業からの協賛数が前回の約3倍となった。これは、以前より京極氏が取り組んできた営業活動の賜物であることに他ならないが、今回の指導により、販促物を通じて理念や思いを可視化することができ、営業先で共感されやすくなったことも大きい。これを繰り返すことで、ノッツ・オブ・アートのブランドイメージが地域内外へ周知され、京極氏自身も本来の思いに立ち返ることができるようになる。今後も、音楽の輪を地域全体に広げていくため、京極氏の活動は続く。

ノッツ2014-5ノッツ2014-6

ノッツ2014-7

企業イメージができてくると周囲からの見方も変わってきます。企業イメージは会社にとって重要な資本です。

<担当専門家>

大石浩貴氏(HIRODESGINLABO代表兼デザイナー)

 

 

←コミュニティビジネス事例集の目次に戻る

←前の事例に戻る(うなぎいも協同組合)

次の事例に進む(ひだまり亭)→

コミュニティビジネスの推進トップページ

お問い合わせ

経済産業部商工業局商工振興課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2181

ファックス番号:054-221-3216

メール:ssr@pref.shizuoka.lg.jp

掲載事業者へのご質問等につきましては、ページ先頭に掲載されている連絡先へ直接お問合せください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?