• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 経済産業部 > 商工振興課 > コミュニティビジネス事例集(株式会社アクティブモコ)

ここから本文です。

更新日:平成27年10月22日

<生活支援・福祉関連>買い物を楽しみたいお客様のため、地元密着の商店街が困り事を解消!顧客からの信頼が商店街を元気にしていく株式会社アクティブモコ

所在地

〒412-0045御殿場市川島田532-1

アクティブモコ2014-1

商店街の取り組みとして、市営住宅誘致、平成2年のスタンプ事業開始、平成10年の駐車場を備えた共同店舗型ショッピングセンター「エピ・スクエア」開設など、結束を活かして大きな事業を実行することができた。

代表者

代表取締役永井誠一

電話

0550-70-0807

FAX

0550-82-7787

URL

設立

平成3年

事業内容

森の腰商店街を中心とした加盟店によるポイントサービス、買い物配送・送迎サービス、イベント開催等

 

信頼される商店街

近年、少子高齢化や人口減少、郊外のショッピングセンターとの競争激化により、商店街を取り巻く環境が一層の厳しさを増す一方で、高齢者や育児中の母親など日々の買い物に困る「買い物弱者」が増えてきている。

JR御殿場駅から500m程度離れた国道線沿いにある「森の腰商店街」は、長年様々なアイディアで商店街振興に取り組んでおり、全国から視察が相次いでいる。

森の腰商店街の青年部が平成3年に立ち上げた株式会社アクティブモコでは、平成23年4月より、買い物弱者に対応した宅配・送迎サービス「モコ宅配便」を始め、顧客ニーズを的確に捉えた事業展開を図っている。

現在、商店街の運営に当たる協同組合森の腰商栄会を軸に、共同店舗型ショッピングセンター「エピ・スクエア」を運営する御殿場まちづくり株式会社、「モコチップ」と呼ばれる商店街共通のポイント事業や各種イベントを行う株式会社アクティブモコの3事業体がそれぞれの特性を活かし、顧客の満足と売上が同じベクトルになることを目指している。

アクティブモコ2014-2

1個270円の弁当も宅配。これを自宅で待つ高齢者も多い。単身高齢者の見守りにも寄与している。

 

宅配・送迎サービス「はい・ニコ・ぽん」

宅配サービス「モコ宅配便はい・ニコ・ぽん」は、森の腰商栄会加盟店や近隣の参加店で取扱う商品やサービスを、電話・FAX・電子メールなどで受注し、商品と引き換えに現金で集金するシステムである。「弁当を届けて欲しい。」という注文が入れば1個からでも宅配し、企業の給食対応や高齢者などへの配食サービスの機能も果たしている。

宅配料金は無料。さらに、配達商品にもポイントが加算され、利用する側にはお得感が強い。現在同社には3人の専任ドライバーがおり、宅配サービスの他にも、顧客の自宅と商店街との間の無料送迎を行う。顧客と商店街が離れていても、移動や宅配サービスによって直接顔と顔を合わせ、会話をすることで、人間的な繋がりを持つことができるようになり、商店街への信頼度が高まっている。

同社は、「商店街の利用増、売上アップのための方法として、顧客の困りごとに相手の身になって対応しただけ。」と言うが、結果的に、顧客と商業者とが相互に恩恵を受けるWin-Winの関係が成り立っているのだ。こうした取り組みが評価され、同商店街は平成26年度「全国がんばる商店街30選」に選ばれた。

アクティブモコ2014-3

配達車輌として、助成金を活用して環境にやさしい電気自動車とハイブリッド車を導入した。

買い物弱者はすぐそばにいる

買い物弱者は、超高齢社会の日本において全国的な問題となっている。同社は、買い物弱者対策を切り離して考えるのではなく、商店街振興という全体の取り組みの中で、ポイントカード事業による収益を宅配・送迎サービスに回すというユニークな方法を選定した。商店街での買い物が便利になって売上が上がれば、加盟店のポイント発行代金などとして同社の事業収益も増える。同社は営利目的の法人格を有するが、商店主たちの出資で作られた商店街振興を目的とする会社なので、利益は商店街振興に投資できる。

また、こうした地域一体となった取り組みの結果、全国の商店街で空き店舗の増加が問題になる中、同商店街では確実に後継者が育ち、家業である商店を継いでいる。商店街とその利用客というコミュニティが信頼で結びつき、買い物というごく日常的な行為を通じて問題を共有化する限り、解決の糸口もすぐそばにあるだろう。

アクティブモコ2014-4

配送・送迎の範囲は無制限ではないが、「たとえ醤油1本でもお客さんと馴染みになれば好みもわかるし、奥の深い仕事です」とドライバー担当のスタッフは語る。

 

 

ここが、ポイント!
<現状>宅配サービスと無料送迎で顧客ニーズを捉え、買い物弱者支援と商店街活性化を実現。
<現状の課題>顧客ニーズに応じた質の高いサービスと収益を確保する仕組みの構築。
<未来>商店街と顧客の人間的な繋がりが深くなり、住民や地域にとって、なくてはならない商店街に!

 

←コミュニティビジネス事例集の目次に戻る

←前の事例に戻る(株式会社ふじやまママ)

次の事例に進む(清見潟大学塾)→

コミュニティビジネスの推進トップページ

お問い合わせ

経済産業部商工業局商工振興課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2181

ファックス番号:054-221-3216

メール:ssr@pref.shizuoka.lg.jp

掲載事業者へのご質問等につきましては、ページ先頭に掲載されている連絡先へ直接お問合せください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?