• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 産業・雇用 > 企業支援 > しずおかの元気な企業 > しずおかの元気な企業/業種別でさがす > 株式会社五十嵐水産【しずおかの元気な企業】

ここから本文です。

更新日:平成24年8月27日

[食料品]

株式会社五十嵐水産

日本一の鯵の干物加工

所在地 沼津市蓼原町37-4 五十嵐
代表者名 五十嵐崇光
創業 昭和45年4月
資本金 10,000千円
従業員数 60人
主要製品 鯵の干物、レトルト食品
電話 055-951-2413
FAX 055-951-2549
URL http://www.igarashi-suisan.co.jp

煮干から干物業者へ

賞状

株式会社五十嵐水産は、現会長が家業の煮干製造を鯵の干物へと転換し、昭和45年4月に創業したものである。鯵の干物加工を選んだのは煮干に比べて、排水の点で環境にやさしく、市場の成長性が見込め、ビジネスとして成立すると見込んだためである。
 首都圏で行われる厳しい品評会をクリアするなかで、そのブランドを確立し、現在では国内の鯵の干物加工の3割程度のシェアを占める日本一の企業になっている。
 「秋刀魚は脂が多く、とても毎日は食べられないが、鯵の干物は毎日食べても飽きない。」、「今後、高齢化が進む中で鯵の干物を焼く過程を楽しむ人が増える。」と会長の鯵の干物に対する思い入れは強い。

 

                                                            ▲品評会での賞状

                                                                                  

 鯵、塩、水へのこだわり

同社が特にこだわりを持つのは素材となる良質の鯵、加工の際に必要となる塩、水である。「沼津の干物」としてブランドの確立されている沼津地域であるが、原料の鯵は駿河湾ではなく、長崎で水揚げされたものが使われる。ビジネスとして成り立つためにはいい素材であることはもちろんのこと、量も確保されなければならない、九州で水揚げされるものはこれらの条件を満たすものである。
 いい鯵がとれるのは、五島列島の西沖の海域で、4月~9月の間である。ここから、ベストのポイント、時点を選択することが非常に重要になってくる。このためには、当該海域の漁師とのネットワーク、信頼関係が必要であり、こうしたノウハウの承継は簡単ではないと会長は語る。
 また、最近は健康食品ブームであり低塩分、保水性が求められる。
 こうしたニーズに対応するため、同社ではオーストラリア・シャークベイの海水を天日で仕上げたミネラルが豊富な塩を取り寄せ、駿河湾の水深397mから深層水をくみ上げた塩水につけ保水性を保っている。この塩はミネラルが豊富であり工業的に作られる塩とは比較ができないという。

 

多様なニーズへの対応

乾燥

同社には、その製品を卸すスーパーから、さまざまな注文がくる。
 例えば、天日干しにこだわる業者、鯵の出来上がりの色を見て、乾燥機による乾燥にこだわる業者等さまざまなニーズがあるという。当社はこうした多様なニーズに対応しているが、会長はそれぞれでつくった鯵をモニターに試食してみてもらったが判別できなかったと苦笑する。
 また、荷姿の指定もあり、昔は、発泡スチロールで丸ごとスーパーに納入していたが、最近はスーパーから1パックに3匹という小ロットの指定があるといい、こうしたニーズにも対応している。

 

 

                                                             ▲天日干による乾燥

 震災を乗り越えて

まるごとくん東日本大震災の影響は当社にも及んだ。東日本の干物業者が生産できなくなったため、同社に対して代替生産の依頼がきたという。
 高級な九州産の鯵を仕入れている同社はこの代替生産の指定の単価では採算をとれないのを承知の上で、受注に応じていたという。会長は一種の義援金だと思っているとのことである。
 また、今回の震災を経験して、会長は、グループ企業の株式会社マルコーフーズで開発した「まるごとくん」は災害時の食料として利用できるのではないかと語る。
 「まるごとくん」は、焼いた干物をレトルト加工してあるため、骨まで柔らかくそのまま全部食べられる食品で、常温で半年間の保存が可能であることから、保存食としても注目されている。このように同社は、鯵の干物加工をコアビジネスとして関連分野への進出の布石も打ってきているのである。

                                                                  (文責:商工金融課)

お問い合わせ

経済産業部商工業局商工振興課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2181

ファックス番号:054-221-3216

掲載企業へのご質問等につきましては、ページ先頭に掲載されてる連絡先へお問い合わせください

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?