• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > イベント情報 > 産総研のシーズ紹介ウェビナーの参加者を募集します

ここから本文です。

更新日:令和3年9月21日

産総研のシーズ紹介ウェビナーの参加者を募集します

終了しました

カテゴリ:産業・雇用

募集中

国立研究開発法人産業技術総合研究所(以下、産総研)の持つ高度な技術シーズを県内企業の皆様に紹介し、事業課題の解決や商品開発につながるような産学官のマッチングを推進します。

パソコン・タブレット等からの視聴形式で実施します。

テーマ:
電池技術の開発最前線(産総研電池技術研究部門の研究紹介)

講演1:イオン液体:固体でも液体でもない電池電解質―その特徴と応用
松本 一 上級主任研究員(エネルギー材料研究グループ)

融点が室温以下の溶融塩であるイオン液体は不揮発性、不燃性であり、100℃近い高温でも電解質としての性能が維持されるといった、従来の有機溶媒電解液より安全面で優れた特徴がある。イオン液体を従来の電池にそのまま適用することで、固体電池のような特徴をもたせることができる。また電池電解質としてだけでなく、蓄熱材、潤滑油、二酸化炭素吸収剤など、バッテリー産業のみならず多様な応用が期待されている。これらについて弊所での開発事例を中心として紹介したい。

講演2:新規ニッケルマンガン系正極の共同開発のご提案
田渕 光春 主任研究員 (電池システム研究グループ)

従来のリチウムイオン二次電池の正極材料はコバルトが用いられるなど高コストの要因となっているが、産総研で開発したニッケルマンガン系複合酸化物はコバルトを使用せず、充放電特性にも優れた正極材料となっている。来たるべきEV大量普及時代に対応するために開発してきた、新規なニッケルマンガン系正極材料を、既存正極とのメリットおよびデメリットともに紹介し、量産化に向けてブレークスルーとなる、材料を均一に混合・酸化する技術等に関する共同開発を提案したい。

webinar_pictureR3_01

日時

2021年10月7日  午後2~3時30分

開催場所

エリア

西部|中部|東部

名称

第1回産総研シーズウェビナー

募集要項

対象

県内のバッテリー関連産業や自動車部品産業のほか、金属・化学材料に携わる皆様など、幅広い分野からの参加をお待ちしています!

人数

100名程度

参加費

無料

申込方法

下記の申込ページ又はEメールでお申込みください。詳細は関連資料に記載のチラシをご参照ください。
https://zoom.us/webinar/register/WN_l7Z43ZozRZuLKfDwUYtfxg
E-Mail:trc@pref.shizuoka.lg.jp

申込期限

令和3年10月5日(火曜日)まで

備考

Web会議システム「Zoomウェビナー」を使用します。
申込受付後に、Zoom ウェビナーの接続先を、御登録いただいたメールアドレス宛に御連絡します。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

経済産業部産業革新局新産業集積課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3021

ファックス番号:054-221-3615

メール:trc@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?