• 携帯電話向けページ
  • Foreign language
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 経済産業部 > 静岡県農林技術研究所 茶業研究センター > 活動紹介 > 令和元年度研究成果発表会を開催しました

ここから本文です。

更新日:令和2年3月6日

令和元年度研究成果発表会を開催しました

令和2年2月14日金曜日に、菊川文化会館アエルで、令和元年度の茶業研究センター研究成果発表会を開催しました。
今回も、JA経済連と連携し、静岡県農協茶業者集会に引き続いての開催となりました。
茶生産者や茶業関係者の方々など、約1,000名にご参加いただきました。

講演

講演の部では、静岡県での生産拡大を目指す「静岡抹茶」の生葉の生産技術や加工方法を紹介しました。
その他、土壌硬度、病害虫等の最新の研究成果、計7課題について発表しました。
講演 講演2

発表課題

  • 「静岡抹茶」の生産拡大に向けた技術開発
    • ①「静岡抹茶」の濃緑生葉・多収生産技術
    • ②「静岡抹茶」の高品質製造技術
  • 「香り緑茶」の大規模製造実証と商品化
  • 「ドリンク原料茶」生産体系の構築に向けて(第2報)
  • 「乗用型茶園管理機の踏圧」が土壌硬度に及ぼす影響
  • 「被覆による病害虫の発生」状況の変化
  • 近年、「問題となっている害虫」とその対策Q&A
  • 茶における「スマート農業技術」の実証について

展示

展示の部では、研究成果のパネルや関連する機械、資材等を展示し、研究員が内容を詳しく説明しました。
茶研センターで製法を開発した「香り緑茶」や、茶研センターで育成した品種「つゆひかり」「しずかおり」「ゆめするが」の試飲も行い、多くの方にお茶を楽しんでいただきました。
(写真左)多くの人で賑わった展示会場の様子
(写真中)てん茶栽培(抹茶)で用いる被覆資材についての説明
(写真右)品種の特徴を感じられる品種茶の試飲コーナー
試飲・展示1 試飲・展示2 試飲・展示3

開催概要は、PDFファイルをご覧ください。
>>令和元度 茶業研究センター 研究成果発表会概要(PDFファイル)

お問い合わせ

静岡県農林技術研究所茶業研究センター

〒439-0002 静岡県菊川市倉沢1706-11

電話番号:0548-27-2311(代)

ファックス番号:0548-27-3935