• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 経済産業部 > 経済産業部/計量検定所 > 経済産業部/計量検定所/はかりの資料館

ここから本文です。

更新日:平成30年3月11日

はかりの資料館
Home
計量検定所はどんなところ
計量検定所の施設について
計量の単位について
正確計量について
身近にある計量器について
よくある質問(定期検査)
関係機関へのリンク集
申請書等様式
はかりの資料館



「重さ」「長さ」「体積」等、私たちの暮らしにおいて、古くから様々な「はかる」ことが行われてきました。
静岡県計量検定所で所蔵のこうした暮らしの中で使われてきた「はかる」道具の一部を紹介いたします


重さ(質量)

・棒はかり

力点を移動させて釣り合いをとる、手動のはかりです。
おもりを品物とつり合うまで移動させ、つり合った時の目盛を読むことで品物の重さをはかることができます。
棒はかり


・天びん

江戸時代の天びんは、支点がピンでできていたため、感度が悪く、利用する際には支点を小槌等で叩いて感度を良くしていました。こうした天びんは「カンカン」と呼ばれていましたが、これは支点を叩く音からきています。
はかりについている引出しには、天びんや支柱などの部分が分割して入れることができ、移動するとき便利なように作られています。

 

天びん

・分銅


このようなまゆ型の分銅を使う天びんは、主に両替商で使用されていたため、現在でも一部の地図で、その分銅の形が銀行を示す記号として使われています。
写真の分銅には、「五貫目」と表記がされています。
分銅

・天びん

江戸時代の天びんと構造が似ていますが、感度を良くするため、支点の部分にめのうが使われています。
現在は電子式のはかりを使用して作業を行っています。
天びん

・特級基準分銅

現在、静岡県計量検定所で使用している「特級基準分銅」です。
この特級基準分銅の検査は、(国研)産業技術総合研究所において行っています。
特級基準分銅


長さ

・一尺の地方原器

一尺(曲尺)は現在の33分の10メートルに当たります。
原器を納める箱には、「第壹度量地方原器」と表記されています。
一尺の地方原器

・タクシーメーター

写真のタクシーメーターは静岡県内を走るタクシーに使われていたものです。
現在では、デジタル式のメーターとなっています。
タクシーメーター


体積

・枡(液体用)

お酒や醤油などの、液体のものをはかるために使用されていました。(液体用のほかに穀用があり、お米などの穀物を計量するために使用されていました。)
写真は一升と五合の枡です。
枡

・けんち枡

小魚を取引するための枡で、主に漁村などで使われていました。底面及び側面に水切りの穴があけられています。
「けんち」の語源は不明ですが、一部では長崎地方の言葉と言われています。
けんち枡

・ガスメーター


羽根車式ガスメーターで、メーター設置場所での器差測定用に用いたものです。
×1リットル、×10リットル、×100リットル、×1000リットルの各桁ごとに指針を読み取ります。
ガスメーター


その他

・検尺器(けんしゃくき)
「左」と検位衡(けんいこう)「右」

糸の太さは、一定の「長さ」にはかり取った糸の「重さ」から知ることができますが、これを調べるために使われたのが「検尺器」と「検位衡」です。
写真の検尺器は200回転で自動停止するようになっています。
糸枠の周りは1.125mに作られていますので、200回転すると225メートルの繊維をはかることができました。
・長さ450m、重さ50mg→1デニール
・長さ225m、重さ50mg→2デニール
検尺器と検位衡

・露点計(露点を測定するための湿度計)

写真の湿度計は、「ダニエル式露点湿度計」といい、球体の中にエーテル(ジエチルエーテル)が封入されています。
右側球は本来、ガーゼ等を包み使用されます。
露点計

・温度計


ガラス製温度計は年を経ると示度(計器が示す目盛の度数)が高まります。この経年変化を調べるため、製作年代の違うものを5本セットにして作成されたものです。
それぞれの製作年は上側より、大正7年、大正3年、明治41年、明治38年、明治34年となっており、0℃(±1℃)と30℃(±1℃)の目盛が付されています。
温度計



ページの先頭へ

お問い合わせ

静岡県計量検定所 

〒421-1221 静岡市葵区牧ヶ谷2078 番地

電話番号:054-278-8311  

ファックス番号:054-278-5479

メール:keiryousoumu@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?