• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > がんセンター局 > 静岡県がん対策ネットワーク > がん対策ネットワーク27(平成27年5月1日号)

ここから本文です。

更新日:平成28年6月7日

静岡県がん対策ネットワーク27(平成27年5月1日号)

 

 

静岡がんセンター 疾病管理センターです。

 

  5月に入り、新緑がさわやかに感じる季節になりました。

 

  がん対策ネットワーク5月1日号をお届けします。

……………………………………………………………………………………

 がん対策ネットワーク 5月1日配信号   

……………………………………………………………………………………

 ~静岡がんセンターから関係者向け情報~

 

 1 手術支援ロボットを用いた胃がんの胃切除術を先進医療として実施

 

 いたします

 

 

~静岡がんセンターから一般(県民・患者)向け情報~

 

 1 静岡がんセンター公開講座2015のお知らせ

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

 静岡がんセンターから関係者向け情報 ◇◆◆◇◇◆◆◇

 

…………………………………………………………………………………… 

 手術支援ロボットを用いた胃がんの胃切除術を先進医療として実施

 いたします

……………………………………………………………………………………

 静岡がんセンターの手術支援ロボット ダ・ヴィンチ(da Vinci Surgical System)

 

を用いた腹腔鏡下胃切除術が、4月1日、保険診療との併用が認められる先進

 

医療(第3項先進医療技術<先進医療B>)に認められました。適応対象は、

 

「根治切除が可能な胃がん(ステージI又はllであって、内視鏡による検査の

 

所見で内視鏡的胃粘膜切除術の対象とならないと判断されたものに限る。)」

 

です。今後は、手術に係わる費用以外の一般保険診療と共通する部分が保険

 

給付の対象となります。

 

 

 我が国では男女合わせた全がんのうち、胃がんに罹患する確率が最も高く、

 

なかでも早期胃がんの割合は、全体の50%を超えています。そのため予後の

 

きわめて良好な早期胃がんの患者さんに対して、より低侵襲の治療技術の

 

開発が求められています。当センターでは、2012年1月のロボット支援手術

 

を導入するにあたり、安全性の評価を探索するため、手術手技の相違が予後

 

に影響する可能性が低いと考えられるIA期の早期胃がん(ESD適応症例

 

は除く)手術に関する「早期臨床第ll相試験」を実施し、安全性が確認されまし

 

た。この結果を受けて、さらに適応を拡大し、IA期・IB期を対象に臨床試験

 

を実施し、更なる安全性が確認されました。今回の先進医療の認定を受け、

 

手術支援ロボットの有用性を検討するため、330例を目標にした多施設共同

 

試験に参加いたします。

 

 

<先進医療として実施する内容>

 

1)承認を受けた先進医療名:内視鏡下手術用ロボットを用いた腹腔鏡下胃

 切除術

 

2)適応症等:根治切除が可能な胃がん(ステージI又はllであって、内視鏡

  による検査の所見で内視鏡的胃粘膜切除術の対象とならない

  と判断されたものに限る。)

 

3)承認の日:2015年4月1日

 

4)費用(先進医療に関わる部分):532,500円

 

 

<本先進医療を実施する医師のコメント(胃外科 部長 寺島雅典)>

 

 ダ・ヴィンチを用いたロボット手術は、現在一般的に普及している腹腔鏡下

 

手術に比較し、鉗子の可動域制限を受けない事や、3次元の拡大視野が得ら

 

れる事、手ぶれ防止機構が備わっている事など大きな利点を有しています。

 

前立腺がんでは既に保険適応が得られており一般的に施行されています。

 

胃がんに対しては、日本、韓国、イタリアなどを中心に導入が検討されていま

 

すが、腹腔鏡下手術に比較し、出血量が少ない事、術後合併症が少ない事

 

が報告されており、当センターで実施した臨床第ll相試験においても胃がん

 

術後の経過に大きな影響を与える腹腔内感染症合併症の発生率が低率で

 

あることが確認されています。今回先進医療下で実施される臨床試験におい

 

て、ロボット手術の安全性、有効性が検証される事が期待されています。

 

 

<手術支援ロボットの治療実績>

 

 当センターの手術支援ロボットによる手術は2011年12月に開始し、「ダ・

 

ヴィンチ・サージカルシステム」2台を稼働し、胃・前立腺・直腸・肺(縦隔)の

 

部位で使用しています。

 

 

 胃がん(胃切除)  …141件(2011~)

 

 直腸がん(直腸切除術) …353件(2011~)

 

 前立腺がん(前立腺摘出術)…175件(2012~)

 

 縦隔腫瘍等(縦隔腫瘍切除術・胸腺全摘術)…4件(2013~)

 

 いずれも2014年度までの累計件数。

 

 上記記事に関するお問合せは、静岡がんセンターマネジメントセンター

 

医療広報担当(055-989-5222)までどうぞ。

 

 

 

 

 静岡がんセンターから一般(県民・患者)向け情報 ◇◆◆◇ 

……………………………………………………………………………………

 静岡がんセンター公開講座2015

……………………………………………………………………………………

 

 今年度の公開講座は「知って役立つ、がん医療」をテーマに、年間7回

 

 計画しております。

 

 対象は高校生以上、参加費は無料です。

 

 (1) 日 時 下記の日程で13時00分~15時30分(開場12時20分) 

 

 (2) 場 所 三島市民文化会館 大ホール 

 

 (3) 内 容(全ての回で第3部に質疑応答とタウンミーティングを行います)

 

 【第1回】 2015年6月20日(土曜日) 

 

 第1部 がんと向き合う心構え (総長 山口建)

 

 第2部 (1)がん検診ー必ず受けましょうー(検診センター医長 宮木裕司)

 

 (2)これまでの国のがん対策 (医監 秋月玲子)

 

 【第2回】 2015年8月8日(土曜日) 

 

 第1部 乳がんの検査と手術~最近の話題を中心に~

 (乳腺センター長 高橋かおる)

 

 第2部 (1)乳がんの抗がん剤治療~あなたと共に築く~

 (女性内科医長 渡邉純一郎)

 

 (2)我慢しないで!がんの痛み

 (副看護部長・緩和ケア認定看護師 篠田亜由美) 

 

 【第3回】 2015年9月12日(土曜日) 

 

 第1部 前立腺がんの診断と治療 (泌尿器科部長 庭川要)

 

 第2部 (1)大腸がんの内視鏡治療の進歩 (内視鏡科医長 堀田欣一)

 

 (2)こどものがんと若い人達のがんについて

 (小児科部長 石田裕二)

 

 【第4回】 2015年10月17日(土曜日) 

 

 第1部 消化器がんの抗がん剤治療と副作用対策

 (副院長兼消化器内科部長 安井博史)

 

 第2部 (1)抗がん剤の治験・臨床試験とは?(呼吸器内科部長 高橋利明)

 

 (2)がんのゲノム医療

 (研究所副所長兼地域資源研究部部長 楠原正俊)

 

 【第5回】 2015年11月14日(土曜日) 

 

 第1部 肺がんの最新外科治療~からだに優しく上手に治す工夫~

 (呼吸器外科部長 大出泰久)

 

 第2部 (1)がんの放射線治療~肺がんを中心に~

 (副院長兼放射線治療科部長 西村哲夫)

 

 (2)禁煙外来の受け方 (薬剤部薬剤師 梅坪翔太)

 

 【第6回】 2015年12月19日(土曜日) 

 

 第1部 胃がんに関する最新の話題~手術を中心として~

 (胃外科部長 寺島雅典)

 

 第2部 抵抗力が落ちている方のための感染症対策

 (感染症内科部長 倉井華子)

 

 【第7回】 2016年1月16日(土曜日) 

 

 第1部 高齢者のがん医療 (病院長 玉井直)

 

 第2部 (1)『暮らし』を支える緩和ケア(よろず相談医療社会福祉士 福地智巴)

 

 (2)ファルマバレープロジェクトの取組と静岡がんセンターの役割

 (事務局長 小櫻充久)

 

 

 (4)申込方法

 

 郵便番号・住所、氏名、生年月日(西暦)、年齢、性別、職業、電話番号、

 

 メールアドレスを記載の上、下記の方法でお申込み下さい。

 

 

 ・はがき:〒422-8670 静岡新聞社・静岡放送 事業部

 

 「静岡がんセンター公開講座」係

 

 ・FAX :054-284-9031

 

 ・Eメール:kikaku@shizuokaonline.com

 件名に「静岡がんセンター公開講座」と明記してください。

 

 ・三島市民文化会館窓口でもお申込できます。

 

 電話 055-976-4455 FAX 055-976-4458

 

 (5)お問合せ先

 

 静岡新聞社・静岡放送事業部 電話 054-281-9010

 

 (平日午前9時から午後5時)

 

 多くのみなさまの参加をお待ちしています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 静岡県立静岡がんセンター 疾病管理センター

 

 e-mail:sccnet-kanri@scchr.jp 

 

 TEL :055-989-5222(代) 内線2118 

 


______________________________________________________________________
This email has been scanned by the Symantec Email Security.cloud service.
For more information please visit http://www.symanteccloud.com
______________________________________________________________________

お問い合わせ

がんセンター局マネジメントセンター県庁駐在 

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2983

ファックス番号:054-221-2618

メール:info@scchr.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?