• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > がんセンター局 > 静岡県がん対策ネットワーク > がん対策ネットワーク27(平成27年7月15日号)

ここから本文です。

更新日:平成28年6月7日

静岡県がん対策ネットワーク27(平成27年7月15日号)

 

 

 こんにちは。 静岡がんセンター 疾病管理センターです。

 

 がん対策ネットワーク7月15日号をお届けします。 

……………………………………………………………………………………

 がん対策ネットワーク 7月15日配信号   

……………………………………………………………………………………

 ~静岡がんセンターから関係者向け情報~

 

 1 第2期がん対策基本計画の中間評価案を了承

 

 ~喫煙率減少、検診受診率向上等の推進を~ 

 

 ~静岡がんセンターから一般(県民・患者)向け情報~

 

 1 8月8日(土曜日)静岡がんセンター公開講座2015(第2回)のお知らせ

 

 2 8月22日(土曜日)県民の日事業 公開講演会のお知らせ(再掲) 

 

 3 出張よろず相談開催のお知らせ~8月6日 御殿場市~

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

 静岡がんセンターから関係者向け情報 ◇◆◆◇◇◆◆◇

 

………………………………………………………………………………………

 第2期がん対策基本計画の中間評価案を了承

 

 ~喫煙率減少、検診受診率向上等の推進を~ 

………………………………………………………………………………………

 厚生労働省のがん対策推進協議会は6月10日の会合で、第2期がん対策

 

 推進基本計画の中間評価報告書案を了承した。平成17~27年の10年間の

 

 全体目標である「がんの年齢調整死亡率(75歳未満)の20%減少」については、

 

 25年で人口10万対80.1と、17年に比べ13.3%減少している。ただ、国立がん

 

 研究センターでは、目標達成は困難との統計予測を出しており、報告書案

 

 では、喫煙率の減少やがん検診受診率の向上に関連する施策等を推進する

 

 必要があると強調。都道府県は地域の特性を考慮して、都道府県がん対策

 

 推進計画に基づく施策の推進が求められるとした。報告書は近く公表される。

 

 

 分野別施策の個別目標のうち、がんの早期発見では、5年以内に検診受診

 

 率を胃、肺、大腸、乳、子宮頸で50%以上(胃、肺、大腸は当面40%)とする

 

 目標を設定している。25年国民生活基礎調査で40~69歳(子宮頸がんは20~

 

 69歳)の男女を合わせた受診率をみると、胃39.6%、肺42.3%、大腸37.9%と

 

 なっている。「がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針」(健康

 

 局長通知)で2年に1回の受診を推奨している乳、子宮頸の過去2年の受診率は、

 

 乳43.4%、子宮頸42.1%だった。 

 

 報告書案では、受診率は上昇傾向にあるものの、目標達成には精度管理を

 

 徹底し、受診率と精密検査受診率の向上を図る施策を推進する必要があると

 

 した。対象者の網羅的な名簿管理に基づく個別受診勧奨・再勧奨、かかりつけ

 

 医からの受診勧奨が行える体制整備が重要と提言した。

 

 精度管理に関しては、厚労省の「市区町村におけるがん検診の実施状況調査」

 

 から、国の指針で対象としていないがん種の検診を実施している市町村の割合は

 

 24年度で77.3%となっている。具体的には、前立腺75.4%、肝臓8.2%、卵巣3.9%、

 

 甲状腺3.7%などが実施されている。市町村での国の指針に基づかない検診の実

 

 施を減らすべく、都道府県主導による精度管理体制の強化が重要だとした。

 

 

 がんの予防では、34年度までに喫煙率を12%にまで引き下げることを目標とし

 

 ている。国民健康・栄養調査で喫煙率をみると、25年は19.3%と22年19.5%から

 

 改善がみられたが、減少率は鈍化している。受動喫煙の機会を有する者の割合

 

 は、34年度までに行政機関と医療機関で0%、家庭で3%、飲食店で15%とする

 

 目標を掲げているが、25年は行政機関9.7%、医療機関6.5%、家庭9.3%、飲食店

 

 46.8%となっている。さらに、喫煙者のうち禁煙を希望する者の割合は22年37.6%

 

 に比べ25年は24.6%と減少している。

 

 報告書案では、禁煙希望者の割合を高め禁煙を促す環境整備が必要だとした。

 

 受動喫煙防止対策では都道府県・市町村レベルで対策を推進する必要性を指摘。

 

 全ての医療機関、官公庁、学校での全面禁煙の達成を求め、飲食店などの多数

 

 の者が利用する公共的な空間での受動喫煙防止対策については、地域でのモニ

 

 タリング等を強化するよう求めた。

 

 

 がん年齢調整死亡率について、若尾文彦参考人(国立がん研究センターがん

 

 対策情報センター長)が胃、大腸、肺、乳、子宮頸、肝の部位別の変化率を報告

 

 した。

 

 ○年齢調整死亡率(平成7年~17年)

 

 胃がん 31.1%減 大腸がん 10.2%減 肺がん 9.4%減

 

 肝がん 32.0%減 乳がん  13.7%増 子宮頸がん 3.4%増

 

 ○年齢調整死亡率(平成17年~27年 予測値)

 

 胃がん 30.8%減 大腸がん 9.1%減  肺がん 7.5%減

 

 肝がん 47.9%減 乳がん  0.1%減  子宮頸がん  5.9%増

 

 

 7~17年と17~27年の10年間を比較すると、肺がんと胃がんは死亡率の減少が

 

 鈍化している。肝がんの減少は加速しており、C型肝炎ウイルスの感染率が高い

 

 昭和5年前後生まれの世代が、がん死亡年齢のピークを過ぎたことが要因だとい

 

 う。また、乳がんの死亡率は35~54歳(昭和25年以降生まれ)で減少しているが、

 

 高齢層では増加しており、子宮頸がんでは死亡率の増加が加速する。若尾参考

 

 人は死亡率の増減について、「臨床的な検討はこれから行う」とした。

 

 

 

 上記の記事は、週刊保健衛生ニュース(第1813号 6月22日発行)の記事よ

 

 り抜粋しました。 

 

 静岡がんセンターから一般(県民・患者)向け情報 ◇◆◆◇ 

 

……………………………………………………………………………………

 静岡がんセンター公開講座2015(第2回)のお知らせ

……………………………………………………………………………………

 今年度の公開講座は「知って役立つ、がん医療」をテーマに、年間7回計画

 

 しており、8月に第2回が開催されます。

 

 対象は高校生以上、参加費は無料です。

 

 (1)日 時 平成27年8月8日(土曜日)13時00分~15時30分(開場12時20分)

 

 (2)場 所 三島市民文化会館 大ホール

 

 (3)内 容 

 

 13時00分 第1部 「乳がんの検査と手術 ~最近の話題を中心に~」

 

 乳腺センター長 高橋かおる

 

 13時50分 第2部 「乳がんの抗がん剤治療 ~あなたと共に築く~」

 

 女性内科医長 渡邉純一郎

 

 「我慢しないで!がんの痛み」

 

 副看護部長・緩和ケア認定看護師 篠田亜由美

 

 14時40分 第3部 「質疑応答 タウンミーティング」

 

 (4)申込方法

 

 郵便番号・住所、氏名、生年月日(西暦)、年齢、性別、職業、電話番号、

 

 メールアドレスを記載の上、下記の方法でお申込み下さい。

 

 

 ・はがき:〒422-8670 静岡新聞社・静岡放送 事業部

 

 「静岡がんセンター公開講座」係

 

 ・FAX :054-284-9031

 

 ・Eメール:kikaku@shizuokaonline.com

 件名に「静岡がんセンター公開講座」と明記してください。

 

 ・三島市民文化会館窓口でもお申し込みできます。

 

 電話 055-976-4455 FAX 055-976-4458

 

 (5)お問合せ先

 

 静岡新聞社・静岡放送事業部 電話 054-281-9010

 

 (平日午前9時から午後5時)

 

 多くのみなさまの参加をお待ちしています。

 

………………………………………………………………………………………

 県民の日事業 公開講演会のお知らせ(再掲)

………………………………………………………………………………………

 がんは、2人に1人がかかる時代です。特に、胃がんは男性で1位、女性で

 

 3位と多くの方がかかる病気です。その一方で、がんの治療は日々進歩し、

 

 より効果的で、身体にやさしい治療技術が開発されています。

 

 そこで、静岡がんセンターが全国でもトップクラスを誇る胃がんの先進的な

 

 医療であるロボット手術、そして、今後治療される方の増加が見込まれる放

 

 射線治療について講演を行います。

 

 がん治療の最新情報を知り、早期発見、早期治療について考えるきっかけ

 

 にしませんか。

 

 <テーマ>

 

 「がん治療の最前線~ロボット手術「ダ・ヴィンチ」と最先端の放射線治療~」

 

 (1)日 時 平成27年8月22日(土曜日)13時30分~16時00分

 

 (2)場 所 プラサ ヴェルデ 301+302会議室

 

 (沼津市大手町1-1-4 沼津駅北口より徒歩3分)

 

 (3)対 象 一般県民、県内拠点病院、県内医師会及び薬剤師会、その他

 

 関係施設・団体等

 

 (4)参加費 無料

 

 <内 容>

 

 (1)講演「胃がんの早期発見と最新の治療~ロボット手術『ダ・ヴィンチ』~」

 

 静岡県立静岡がんセンター胃外科部長 寺島 雅典 氏

 

 (2)講演「最先端の放射線治療について」

 

 静岡県立静岡がんセンター放射線治療科医長 原田 英幸 氏

 

 <申込方法>

 

 (1)はがき、FAXまたはEメールに、参加者全員の住所(市町名)、氏名、年齢、

 

 電話番号を記入して送付

 

 あて先:〒411-8777 駿東郡長泉町下長窪1007

 

 静岡がんセンター 疾病管理センター 公開講演会係 宛

 

 F A X:055-989-5557(直通)

 

 Eメール:shippei-kanri@scchr.jp

 

 * 院内のあすなろ図書館、よろず相談窓口でも申し込みできます。

 

 (2)申込期間 平成27年7月21日(火曜日)から8月7日(金曜日)当日消印有効、先着順

 

 

 本講演会に関するお問合せは、疾病管理センター日吉までどうぞ。

 

……………………………………………………………………………………

 出張がんよろず相談のお知らせ ~8月6日(木曜日) 御殿場市で開催~

……………………………………………………………………………………

 平成27年度の出張よろず相談は年間8回を予定しています。

 

 相談には、静岡がんセンターの医師、ソーシャルワーカー等が丁寧に相談

 

 者のお話を伺い、きめ細やかに対応しています。

 

 治療に対する疑問、患者を看取る家族の不安、生活に関することなど、幅

 

 広い相談内容に応じられます。 参加費は無料です。

 

 開催会場を管轄する市町の住民でなくても相談をお受けできます。

 

 この機会に、お気軽にご相談ください。

 

 【日 時】  8月6日(木曜日)13時~16時

 

 【場  所】 御殿場市保健センター

 

  【申込等】 事前予約制で先着5組まで。.定員になり次第締め切ります。

 

 開催市町在住者でなくても相談をお受けいたします。 

 

 【予約方法】

 

 ○受付期間 7月13日(月曜日)~7月24日(金曜日) 

 

 ○受付時間 8時30分~17時00分(土日・祝日を除く)

 

 ○連 絡 先  出張がんよろず相談予約ダイヤル

 TEL 055-989-5392(予約期間のみ開通)

 

  【問合先】 静岡がんセンター よろず相談

 

 平日 8時30分~17時00分(土日・祝日を除く)

 

 TEL 055-989-5710 

 

 出張がんよろず相談に関するお問合せは、疾病管理センター 平林までどうぞ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 静岡県立静岡がんセンター 疾病管理センター

 

 e-mail:sccnet-kanri@scchr.jp 

 

 TEL :055-989-5222(代) 内線2118 

 


______________________________________________________________________
This email has been scanned by the Symantec Email Security.cloud service.
For more information please visit http://www.symanteccloud.com
______________________________________________________________________

お問い合わせ

がんセンター局マネジメントセンター県庁駐在 

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2983

ファックス番号:054-221-2618

メール:info@scchr.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?