• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > がんセンター局 > 静岡県がん対策ネットワーク > がん対策ネットワーク28(平成29年2月1日号)

ここから本文です。

更新日:平成29年4月6日

静岡県がん対策ネットワーク28(平成29年2月1日号)

(Scc-netNo.19)

がん対策ネットワーク2017年2月1日配信号

 

こんにちは。静岡がんセンター疾病管理センターの日吉です。

がんセンター発(2月1日号)をお届けします。

 

------★目次★--------

 

3月4日「静岡がん会議2016」のお知らせ

 

2月24日「出張がんよろず相談(伊豆の国市)」のお知らせ(再掲)

 

2月18日静岡県相談員ワークショップ「地域で考えるがん患者・体験者の就労支援」のお知らせ(再掲)

 

がん年齢調整死亡率は16%減、目標に届かず

全体目標に予防の概念追加を提案(がん対策推進協議会)

 

日本対がん協会のがん教育アニメ教材「よくわかる!がん授業」

 

 

----------------------

 

3月4日「静岡がん会議2016」のお知らせ

 

静岡がんセンターでは、ファルマバレープロジェクトの推進やがん医療の発展に寄与する

テーマを設定して、毎年、静岡がん会議を開催しています。

今年は「医療の国際展開~おもてなし精神を世界へ~」をテーマに、静岡がんセンターが

最も大切にする患者・家族を徹底支援する「おもてなし精神」や、ファルマバレーセンタ

ー発の高度な医療機器等の国際展開、及び世界6地域から招聘する医療機関や研究機関の

最新事例の紹介を通じて、医療を核とした国際展開と産業振興の新たなあり方を提案する

ことを目的として開催します。

特別講演2の高島和音さんは、静岡市出身の保健師・看護師です。興味のある方はぜひご

参加ください。参加費は無料です。

 

(1)日時3月4日(土曜日)10時00分~17時10分

(2)場所静岡がんセンター研究所1階しおさいホール(駿東郡長泉町下長窪1007)

(3)対象企業、研究者、金融機関、医療従事者、行政関係者等(定員200名)

(4)内容

10時00分~主催者挨拶

贈呈式

10時30分~

実行委員長挨拶

特別講演1「医療の国際展開について」

笹子総一郎(経済産業省商務情報政策局ヘルスケア産業課国際展開推進室長)

特別講演2「JICAの海外展開支援への取り組み」

高島和音(国際協力機構人間開発部保健第二グループ保健第三チーム)

特別講演3「静岡県の海外展開・活動について」

篠原清志(静岡県経済産業部長)

特別講演4「医療の国際展開の現状について」

山本行俊(株式会社システム環境研究所代表取締役会長)

13時45分~

講演1「チョーライ病院とベトナムのがん医療について」

グエン・チュン・ソン(ベトナムチョーライ病院長)

講演2「ロシアのがん医療の現状について」

アレクセイ・ナザレンコ(ロシアブロヒンがんセンター放射線治療部長)

講演3「フィリピンのがん医療と医療用画像管理システムの導入について」

テオドロ・ヘラボサ(フィリピン大学准教授/フィリピン国立大学付属病院)

14時45分~

講演4「中国四川省のがん医療の現状について」

チャン・ジーホイ(中国四川省腫瘤医院内科主任)

講演5「モンゴルのがん医療の現状について」

サンボ・ナランゲレル(がんのないモンゴル“イトゲル-希望”国家基金秘書

15時35分~

講演6「JETROにおける企業の海外展開支援」

新井剛史(日本貿易振興機構サービス産業部ヘルスケア産業課課長代理)

講演7「台湾工業技術研究院(ITRI)の取り組み」

マギー・リー(バイオメディカル&デバイス研究所/ITRI薬剤開発センター部長)

講演8「ファルマバレープロジェクト新拠点の取り組み」

植田勝智(静岡県産業振興財団ファルマバレーセンター所長)

17時00分~閉会挨拶

(5)申込方法

2月17日(金曜日)までに参加申込書をFAXにて送付してください。

参加申込書は静岡がんセンターのホームページからダウンロードできます。

FAX055-989-5557

(6)問合せ

静岡がんセンター疾病管理センター(担当:日吉)

TEL055-989-5222(内線2118)

 

詳細はこちら▼

http://www.scchr.jp/(「新着情報・プレスリリース」からご覧ください)

 

 

2月24日「出張がんよろず相談(伊豆の国市)」のお知らせ(再掲)

 

静岡がんセンターでは、県内各地域に出向いてがんに関する様々な相談に応じる出張がん

よろず相談を年間9回予定しており、今回で最後の回となります。

相談には医師、看護師、ソーシャルワーカー等が丁寧に相談者のお話を伺い、治療に対す

る疑問や患者を看取る家族の不安、生活に関することなど幅広い相談内容に応じています。

参加費は無料ですので、お気軽にご相談ください。

 

(1)日時2月24日(金曜日)13時~16時

(2)場所韮山福祉・保健センター(伊豆の国市四日町302-1)

(3)申込み事前予約制で先着5組までとし、定員になり次第締め切ります。

開催市在住でなくても相談をお受けいたします。

受付期間:1月30日(月曜日)~2月10日(金曜日)まで

受付時間:8時30分~17時(土日・祝日を除く)

予約・問合せ先:出張がんよろず相談予約専用ダイヤル

電話055-989-5392(予約期間のみ開通)

 

 

2月18日静岡県相談員ワークショップ「地域で考えるがん患者・体験者の就労支援」

のお知らせ(再掲)

 

静岡がんセンターでは、がん相談支援員の資質向上を目的として相談員ワークショップを

開催しています。今回、「地域で考えるがん患者・体験者の就労支援」をテーマに開催し

ます。がん患者の就労支援に関心のある方の参加も可能ですので、ぜひご参加ください。

 

(1)日時平成29年2月18日(土曜日)13時00分~16時30分

(2)会場もくせい会館第一会議室(静岡市葵区鷹匠3丁目6-1)

(3)対象者がん相談員、ハローワーク相談員、社会保険労務士、産業カウンセラー、行政、

がん患者会、ピアサポーター、がん患者の就労支援に関心のある方計80名

(4)内容

第一部:シンポジウム「これまでの取り組み、そしてこれから」

仕事と治療の両立~支援から協働へ~

赤津順一(静岡産業保健総合支援センター産業保健相談員、日本予防医学協会統括産業医)

静岡版:がん患者・経験者への就労支援が目指すもの

森好寿(静岡労働局職業安定課職業紹介係長)

治療としごとの両立~職場での体制整備に向けて~

秋山隆子(静岡産業保健総合支援センター両立支援促進員)

就労につなげる支援~病院としてできること~

高田由香(静岡県立静岡がんセンターよろず相談)

質疑応答、ディスカッション

第二部:グループワーク「地域ネットワークをつくろう!」

(5)申込み2月7日(火曜日)までに参加申込書をFAXにて送付してください。

参加申込書は静岡がんセンターのホームページからダウンロードできます。

FAX055-989-5713

(6)問合せ静岡県立静岡がんセンターよろず相談

TEL055-989-5222(代)

 

詳細はこちら▼

http://www.scchr.jp/(「新着情報・プレスリリース」からご覧ください)

 

 

がん年齢調整死亡率は16%減、目標に届かず

全体目標に予防の概念追加を提案(がん対策推進協議会)

<週刊保健衛生ニュース(第1891号1月2・9日合併号)より抜粋>

 

厚生労働省のがん対策推進協議会が12月21日に開かれ、第2期がん対策推進基本計画の

全体目標の一つである「がんの年齢調整死亡率(75歳未満)の20%減少」が達成できな

かったことが報告された。国立がん研究センターの集計結果から、平成17~27年の10年

間で死亡率は15.6%の減少に止まることが分かった。同協議会では第3期基本計画で引

き続き75歳未満の年齢調整死亡率減少を目標とするかを議論するが、厚労省は全体目標

に「がんになる国民を減らす(仮)」を新たに追加し、1次予防の概念を加えることを提

案した。委員からは75歳以上の高齢がん患者を対象とした目標の必要性などが指摘され

た。

10年間の死亡率の変化をがん種別にみると、胃がん33.2%減、大腸がん6.5%減、肝が

ん48.8%減、肺がん7.3%減、乳がん2.7%増、子宮頸がん9.6%増となっている。

同センターによると、肝臓がんはC型肝炎ウイルスの感染率の減少、胃がんはヘリコバク

ターピロリ菌の感染率の減少が死亡率減少の加速に影響した。乳がんは検診の普及や治療

効果の向上で、基本計画前に比べ死亡率の増加が抑えられている。子宮頸がんはHPVの感

染制御と早期発見が十分でないため死亡率の増加が加速した。大腸がんと肺がんは死亡率

減少が鈍化しており、たばこ対策と検診の十分な効果が得られていないことに原因がある

という。

 

詳細はこちら▼

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000146872.html

 

 

日本対がん協会のがん教育アニメ教材「よくわかる!がん授業」

 

日本対がん協会は、学校現場で活用できるがん教育のアニメ映像教材「よくわかる!がん

の授業」を作成し、日本対がん協会のサイト内の「がん教育」のページで、youtube動画

として公開しました。

「よくわかる!がんの授業」は、クイズ形式でがんについて楽しく学べるアニメ動画で、

中学生・高校生向き保健体育の学校教材として「文部科学省選定」の評価を受けています。

学校教材としてだけでなく、一般の方にもがんの基礎知識が学べる内容になっており、保

健所等でのセミナーなどでも活用できます。

 

詳細はこちら▼

http://www.jcancer.jp/cancer-education/material09.html

 

 

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

静岡県立静岡がんセンター疾病管理センター

e-mail:sccnet-kanri@scchr.jp

TEL:055-989-5222(内線2118)

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

お問い合わせ

がんセンター局マネジメントセンター県庁駐在 

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2983

ファックス番号:054-221-2618

メール:info@scchr.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?