• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > がんセンター局 > 静岡県がん対策ネットワーク > がん対策ネットワーク28(平成28年10月1日号)

ここから本文です。

更新日:平成28年11月7日

静岡県がん対策ネットワーク28(平成28年10月1日号)

 

(Scc-netNo.12)

がん対策ネットワーク2016年10月1日配信号

 

こんにちは。静岡がんセンター疾病管理センターの日吉です。

がんセンター発(10月1日号)をお届けします。

 

------★目次★--------

 

110月25日「出張がんよろず相談(下田市)」のお知らせ

 

22014年がん診療連携拠点病院等院内がん登録全国集計報告

主要5部位のほか7部位について初集計:相談支援センターなどを介し

患者さんの医療機関選択にも活用(国立がん研究センター)

 

329年度予算概算要求、がん対策に364億円

個別受診勧奨・再勧奨の対象拡充:次期基本計画見据え対策推進

 

4喫煙の健康影響検討会報告書を公表:公共の場の屋内全面禁煙化を

 

----------------------

 

110月25日「出張がんよろず相談(下田市)」のお知らせ

 

静岡がんセンターでは、県内各地域に出向いてがんに関する様々な相談に応じる出張がん

よろず相談を年間9回予定しており、今回で5回目となります。

相談には医師、看護師、ソーシャルワーカー等が丁寧に相談者のお話を伺い、治療に対す

る疑問や患者を看取る家族の不安、生活に関することなど幅広い相談内容に応じています。

参加費は無料ですので、お気軽にご相談ください。

 

(1)日時10月25日(火曜日)13時~16時

(2)場所下田市役所(下田市東本郷一丁目5番18号)

(3)申込み事前予約制で先着5組までとし、定員になり次第締め切ります。

開催市在住でなくても相談をお受けいたします。

受付期間:10月3日(月曜日)~10月14日(金曜日)まで

受付時間:8時30分~17時(土日・祝日を除く)

予約・問合せ先:出張がんよろず相談予約専用ダイヤル

電話055-989-5392(予約期間のみ開通)

 

 

22014年がん診療連携拠点病院等院内がん登録全国集計報告

主要5部位のほか7部位について初集計:相談支援センターなどを介し患者さんの

医療機関選択にも活用(国立がん研究センター)

 

国立がん研究センターは9月26日、全国のがん診療連携拠点病院など421施設で2014年

にがん登録された約67万件のデータをホームページ上で公表しました。

今回の集計では、がん患者さんやご家族等の医療機関選択に役立てることを目指し、これ

までの胃、大腸、乳房、肝臓、肺の主要5部位に加え、食道、子宮頸部、子宮内膜、膀胱、

甲状腺、膵臓、前立腺の7部位を加えた12部位について臨床病期や臨床病期別の治療方

法について集計されています。

こうした院内がん登録情報は、都道府県がん診療連携拠点病院のがん相談支援センターな

どを介し、患者さんやご家族のセカンドオピニオンを聞きたい、自宅そばの医療機関を探

したいなどのご相談時にも活用されています。

 

詳細はこちら▼

http://www.ncc.go.jp/jp/information/press_release_20160926.html

 

 

329年度予算概算要求、がん対策に364億円

個別受診勧奨・再勧奨の対象拡充:次期基本計画見据え対策推進

 

厚生労働省健康局は平成29年度に、市区町村が行う5大がんすべてのがん検診の個別の

受診勧奨・再勧奨について、5歳刻みの一定年齢の者としていたこれまでの国庫補助の対

象を国の指針で定める対象者のうち69歳までの全年齢に拡充し、検診受診率の向上につ

なげる。27年度創設の「新たなステージに入ったがん検診の総合支援事業」を改め、来

年度予算概算要求で20億円を盛り込んだ。補助金の交付では市区町村に一定の取組みを

求めることを検討する方針で、網羅的な対象者の名簿管理に基づき受診勧奨や受診の動機

付けに取り組むことを要件に定めることが想定されている。

29年度予算概算要求では、昨年12月に策定した「がん対策加速化プラン」の柱である予

防、治療・研究、がんとの共生に沿ってメニューを揃えた。来年6月に見直しが予定され

る次期がん対策推進基本計画を見据え、がん対策全体で対前年度予算比8億円、2.2%増

の364億円を計上した。

 

上記の記事は、週刊保健衛生ニュース(第1875号9月12日発行)より抜粋しました。

 

 

4喫煙の健康影響検討会報告書を公表:公共の場の屋内全面禁煙化を

 

厚生労働省健康局は9月2日、「喫煙と健康」(喫煙の健康影響に関する検討会報告書、通

称:たばこ白書)を公表した。たばこの健康影響について、喫煙とがんや循環器、呼吸器、

糖尿病などの各疾患との因果関係を4段階で判定するとともに、たばこ対策の方向性を提

言している。受動喫煙防止対策では国民の喫煙関連疾患の防止のため、公共の場所の全て

の屋内で全面禁煙化を目指すべきとした。

福島靖正健康局長は「(報告書は)たばこ対策を進める上での拠り所となる。2020年の東

京五輪・パラリンピック、2019年のラグビーワールドカップに向けて受動喫煙防止対策

を強化していく」と述べた。

「喫煙と健康」は、昭和62年に初めて作成され、平成5年、13年に改訂が行われた。国

内外の喫煙の新たな科学的知見の蓄積に加え、たばこを取り巻く社会状況が変化している

ことから、15年ぶりに改訂した。

報告書は(1)たばこ製品の現状(2)たばこの健康影響(3)たばこ対策-の3章構成で、各

章・各節を要約した概要も公表されている。

 

詳細はこちら▼

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000135586.html

 

上記の記事は、週刊保健衛生ニュース(第1875号9月12日発行)より抜粋しました。

 

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

静岡県立静岡がんセンター疾病管理センター

e-mail:sccnet-kanri@scchr.jp

TEL:055-989-5222(内線2118)

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

お問い合わせ

がんセンター局マネジメントセンター県庁駐在 

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2983

ファックス番号:054-221-2618

メール:info@scchr.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?