• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > がんセンター局 > 静岡県がん対策ネットワーク > がん対策ネットワーク28(平成29年1月15日号)

ここから本文です。

更新日:平成29年1月16日

静岡県がん対策ネットワーク28(平成29年1月15日号)

 

 

(Scc-netNo.18)

がん対策ネットワーク2017年1月15日配信号

 

こんにちは。静岡がんセンター疾病管理センターの日吉です。

がんセンター発(1月15日号)をお届けします。

 

------★目次★--------

 

1厚労省が改正がん対策基本法で公布通知

 

22月24日「出張がんよろず相談(伊豆の国市)」のお知らせ

 

3静岡がんセンター「がん遺伝外来」開設

 

4「就労支援セミナー」を東部(1月19日)及び西部(1月27日)で開催します

 

52月18日静岡県相談員ワークショップ「地域で考えるがん患者・体験者の就労支援」のお知らせ

 

61月21日「オレンジブロッサムCafe」のお知らせ

 

 

----------------------

 

1厚労省が改正がん対策基本法で公布通知

<週刊保健衛生ニュース(第1890号12月26日発行)より抜粋>

 

厚生労働省は12月16日、「がん対策基本法の一部を改正する法律の公布について」を都

道府県・保健所設置市・特別区に通知した。改正法では、国のがん対策推進基本計画と都

道府県がん対策推進計画の見直し期間を医療計画や介護保険事業(支援)計画等の計画期

間と合わせるため、現行の5年から「少なくとも6年ごと」に改めた。厚労省は28年度

を終期とする第2期基本計画の期間は変更せず、がん対策推進協議会での検討中に、第3

期基本計画と30年度から35年度までの第7次医療計画等との整合性について議論すると

している。改正法は同日に公布、施行された。

改正法では、基本理念にがん患者が尊厳を保持しつつ安心して暮らせる社会の構築を目指

し、患者の状況に応じて福祉的支援・教育的支援を含む必要な支援が受けられるようにす

ること等を明記した。

がん患者等の就労に関する事業主の責務を新たに定めるほか、患者の療養生活の質の維持

向上に係る規定の改正、がんに関する教育の推進のための規定の新設など基本的施策の拡

充を図っている。

 

 

22月24日「出張がんよろず相談(伊豆の国市)」のお知らせ

 

静岡がんセンターでは、県内各地域に出向いてがんに関する様々な相談に応じる出張がん

よろず相談を年間9回予定しており、今回で最後の回となります。

相談には医師、看護師、ソーシャルワーカー等が丁寧に相談者のお話を伺い、治療に対す

る疑問や患者を看取る家族の不安、生活に関することなど幅広い相談内容に応じています。

参加費は無料ですので、お気軽にご相談ください。

 

(1)日時2月24日(金曜日)13時~16時

(2)場所韮山福祉・保健センター(伊豆の国市四日町302-1)

(3)申込み事前予約制で先着5組までとし、定員になり次第締め切ります。

開催市在住でなくても相談をお受けいたします。

受付期間:1月30日(月曜日)~2月10日(金曜日)まで

受付時間:8時30分~17時(土日・祝日を除く)

予約・問合せ先:出張がんよろず相談予約専用ダイヤル

電話055-989-5392(予約期間のみ開通)

 

 

3静岡がんセンター「がん遺伝外来」開設

 

静岡がんセンターでは次世代のがんゲノム医療の時代を見据え、2014年1月より、がん

患者さんの手術組織の全ての遺伝子情報の収集と臨床応用の研究を行ってきました。その

中で、全がん患者さんの約1%が遺伝性腫瘍の遺伝子変異をもっていることを、日本で初

めて明らかにしました。また、遺伝性腫瘍の情報を知ることはがんの予防や早期発見のた

めには有用なことであり、治療内容やケアの方法が変わってくることから、2011年12月

より臨床遺伝専門医や遺伝カウンセラーによる外来診療を行ってきました。

このほど、静岡がんセンターでは、当院の患者さんやご家族からのご相談だけでなく、が

んの遺伝に関するあらゆる相談や遺伝子検査を希望される方にも広くご利用いただける

ように「がん遺伝外来」の受付を開始いたしました。ご家族も含めたがんリスク評価を行

い、予測医学、早期診断と治療に向けて正しい知識と情報を提供し、様々なアドバイスを

行っていきます。

 

<がん遺伝外来の概要>

1対象者

(1)がんと診断され、遺伝性腫瘍が疑われる方とそのご家族(ご家族のみの受診も可)

(2)がんの遺伝や遺伝子検査について、相談を希望される方

2対象疾患

・リンチ症候群(遺伝性非ポリポーシス大腸がん:HNPCC)

・家族性大腸腺腫症(FAP)・遺伝性乳がん・卵巣がん症候群(HBOC)

・多発性内分泌腫瘍症1型(MEN1)または、2型(MEN2)

・その他(フォンヒッペル・リンドウ病、カウデン病、ポイツ・イエーガー症候群、

若年性ポリポーシス等)

3申込方法

(1)個人から

電話にて下記予約センターに連絡いただき、認定遺伝カウンセラーの事前相談を

受けていただきます。(カウンセリング実施日は事前相談で決定します。)

(2)医療機関から

FAXにて紹介状を送信ください。紹介状にはカウンセリングを希望される方の連

絡先を明記ください。後ほど認定遺伝カウンセラーからご本人に電話をかけ、事

前相談を実施いたします。

【連絡先】

個人予約:予約センターTEL055-989-5680

医療機関:地域医療連携室FAX055-989-5623/TEL055-989-5646

4料金

自費診療(保険適用外)

カウンセリング料(30分程度):臨床遺伝専門医5,000円税別

認定遺伝カウンセラー3,000円税別

検査料(採血料含む)実費

 

上記記事に関するお問合せは、静岡がんセンターマネジメントセンター医療広報担当

(055-989-5222)までどうぞ。

 

 

4「就労支援セミナー」を東部(1月19日)及び西部(1月27日)で開催します

 

静岡労働局では、事業主の方や仕事とがん治療の両立に関心のある方を対象として「がん

就労支援セミナー」を東部及び西部で開催します。

今回のセミナーでは、地元のがん拠点病院関係者からの治療等に関する具体的な説明と、

就職支援に関するハローワークからの説明、また従業員の支援(会社支援)に関する静岡

産業保健総合支援センターからの説明を行う予定です。興味のある方はぜひご参加ください。

 

1開催日時・会場

(1)東部会場

日時平成29年1月19日(木曜日)13時30分~15時30分

場所プラサヴェルデ301・302会議室(沼津市大手町1-1-4)

(2)西部会場

日時平成29年1月27日(金曜日)14時00分~16時00分

場所浜松医療センター講堂(浜松市中区富塚町328)

2対象者

事業主の方又はがん患者の治療と就労の両立に関心のある方(参加費無料)

3内容

(1)がん治療の現状及び医療費等について

(2)がん拠点病院について

(3)がん治療中の方々への就職支援について

(4)がん治療中の従業員を守る事業主への支援について

(5)がん体験者の職場から一言(東部会場のみ)

4申込締切

東部会場1月13日(金曜日)まで

西部会場1月20日(金曜日)まで

5お申込み・問合せ先

申込締切までに参加申込書に必要事項を記入の上、FAXにてお申込みください。

参加申込書は静岡労働局のホームページからダウンロードできます。

静岡労働局職業安定部職業安定課長期療養者支援担当

TEL054-271-9950

FAX054-271-9966

 

詳細はこちら▼

http://shizuoka-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/news_topics/event/2016event/281228.html

 

 

52月18日静岡県相談員ワークショップ「地域で考えるがん患者・体験者の就労支援」

のお知らせ

 

静岡がんセンターでは、がん相談支援員の資質向上を目的として相談員ワークショップを

開催しています。今回、「地域で考えるがん患者・体験者の就労支援」をテーマに開催し

ます。がん患者の就労支援に関心のある方の参加も可能ですので、ぜひご参加ください。

 

1日時平成29年2月18日(土曜日)13時00分~16時30分

2会場もくせい会館第一会議室(静岡市葵区鷹匠3丁目6-1)

3対象者がん相談員、ハローワーク相談員、社会保険労務士、産業カウンセラー、行政、

がん患者会、ピアサポーター、がん患者の就労支援に関心のある方計80名

4内容

第一部:シンポジウム「これまでの取り組み、そしてこれから」

・仕事と治療の両立~支援から協働へ~

赤津順一(静岡産業保健総合支援センター産業保健相談員、日本予防医学協会統括産業医)

・静岡版:がん患者・経験者への就労支援が目指すもの

森好寿(静岡労働局職業安定課職業紹介係長)

・治療としごとの両立~職場での体制整備に向けて~

秋山隆子(静岡産業保健総合支援センター両立支援促進員)

・就労につなげる支援~病院としてできること~

高田由香(静岡県立静岡がんセンターよろず相談)

・質疑応答、ディスカッション

第二部:グループワーク「地域ネットワークをつくろう!」

5申込み2月7日(火曜日)までに参加申込書をFAXにて送付してください。

参加申込書は静岡がんセンターのホームページからダウンロードできます。

FAX055-989-5713

6問合せ静岡県立静岡がんセンターよろず相談

TEL055-989-5222(代)

 

詳細はこちら▼

http://www.scchr.jp/(「新着情報・プレスリリース」からご覧ください)

 

 

61月21日「オレンジブロッサムCafe」のお知らせ

 

認定NPO法人オレンジティは、AYA世代(若年性)のがん体験者のためのおしゃべりルー

ムとして「オレンジブロッサムCafe」をスタートしました。

おしゃべりや交流ができますので、対象となる方への周知をお願いします。

 

1日時平成29年1月21日(土曜日)13時30分~16時00分

2場所プラサヴェルデ4階会議室(沼津市大手町1-1-4)

3対象若年性のがん体験者(思春期から30代位に罹患した方で現在の年齢は問いま

せん)、医療従事者など

4参加費300円(お茶菓子代)

5内容13時30分~15時00分おしゃべりタイム

15時00分~16時00分Cafeタイム

 

詳細はこちら▼

http://o-tea.org/wp-content/uploads/2017/01/AYAOPEN.pdf

 

お問い合わせ

がんセンター局マネジメントセンター県庁駐在 

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2983

ファックス番号:054-221-2618

メール:info@scchr.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?