• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 行政改革・情報公開 > 経営管理部/行政経営課トップページ > 行政経営研究会/公民連携・協働部会

ここから本文です。

更新日:令和元年7月4日

行政経営研究会公民連携・協働部会

公民連携・協働部会では、最適なサービス提供主体(行政、企業、NPO等)や手段(指定管理、PFI、民間譲渡等)を選択するための環境整備を行い、各分野における公民連携・協働がより一層進むよう研究を行っています。

当ページでは、部会における研究成果の一部を御紹介します。

指定管理者制度「ふじのくに施設紹介フェア」

静岡県と県内市町が課題として感じている「指定管理者を募集する際の応募者数の増加」に向け、静岡県内で指定管理業務の実施をお考えの企業の皆様へ、県内施設のPRを行うフェアを開催しています。

 

これまでの取組

1 静岡県内自治体の「公民連携・協働」事例集

各市町・県の公民連携・協働に関する優良な事例を集めた事例集を作成しました。県内の自治体でどのような取組が行われているか、是非御覧ください。

県内自治体の事例集を御覧になりたい方はこちらからどうぞ。

静岡県内自治体の「公民連携・協働」事例集における優良事例大賞』

平成27年度第1回行政経営研究会(5月28日(木曜日))において、優良事例大賞を選定しました。

優良事例大賞の概要はこちら(PDF:170KB)からどうぞ。

 

2 協働先進事例マニュアル(平成27年度協働先進事例マニュアル作成ワーキンググループ)

平成27年度に静岡大学人文社会科学部日詰一幸教授をアドバイザーにお迎えし、牧之原市の協働の取組をケースとして、7市2町の協働担当者と県庁内協働関係課が参画する標記ワーキンググループを3回開催し、研究を重ねました。

ワーキングでは、牧之原市坂部地域での現地ヒアリングを実施する等を取組を行い、「協働先進事例マニュアル」を作成いたしました。

3 協働効果測定手法の開発(平成27年度協働効果測定手法の開発ワーキンググループ)

当部会では、27年度に静岡産業大学経営学部牧野好洋教授をアドバイザーにお迎えし、牧之原市の協働の取組をケースに、牧之原市地域創生課及び県庁内協働関係課が参画する標記ワーキンググループを2回開催し、研究を重ねました。

研究では、調査・分析のために追加的なコストや住民への追加負担を求めないよう、牧之原市が例年実施する「市民意識調査」のデータを活用し、協働に関連する質問項目をピックアップし、「市民全体へのインパクト」や「地域まちづくり計画の参加者への影響」等から分析を行いました。

 

前のページへ戻る(行政経営課トップページ)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

経営管理部行政経営局行政経営課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2911

ファックス番号:054-221-3659

メール:gyoukei@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?