• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > くらし・環境 > 建築・住宅 > 県有建築物の長寿命化の取組

ここから本文です。

更新日:平成29年2月22日

県有建築物の長寿命化の取組

1概要

営繕企画課では、平成15年度に長寿命化のためのガイドブック「百年庁舎の実現」を策定し、全国に先駆けて維持保全の取組に着手し、推進してきました。

今後は、全庁的なファシリティマネジメントの推進の中で、県有建築物の長寿命化に取組んでいきます。

2これまでの取組

平成15年度~

【保全情報のデータベース化】

  • 建築物の基本情報、部材・設備機器情報などの維持保全情報をデータベース化し、適正な維持保全計画策定の基本とする。

【営繕コールセンター】

  • 営繕企画課内に「コールセンター」を設置し、施設管理者からの営繕工事に関する技術的相談に応じる。

平成16年度~

【劣化診断】

  • 一定規模以上の施設において、建築関係職員が定期的に訪問し、施設の点検記録の確認、目視により劣化診断調査等を実施する。

平成23年度~

【中長期維持保全計画】

  • 劣化診断と連携し、今後5年程度に必要な工事を記載した中期維持保全計画を、営繕企画課及び施設管理者の協働により作成する。

FMこれまでの取組

3今後の取組(FM実施方針より)

  • (1)長寿命化のための基準類の整備

長寿命化指針の策定、保全マニュアルの改訂、予算単価の作成

静岡県県有建築物長寿命化指針(PDF:460KB)

静岡県県有建築物長寿命化指針(概要)(PDF:97KB)

  • (2)意見書制度の検討、導入

引き続き試行を行い、検討結果により段階的に制度を導入し、技術的所見を予算に活用できる仕組みの制度設計を検討

  • (3)劣化診断対象施設の拡充
    段階的に劣化診断対象施設を拡充
  • (4)中期維持保全計画の充実

劣化診断、意見書制度との連携等、計画活用のための仕組みを検討し、計画策定施設の継続的拡大方法を検討

  • (5)技術支援の拡充

保全業務説明会の開催、各種マニュアルの作成、予算要求のための事前相談会の開催等、施設管理者に対する技術支援体制を整備

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

経営管理部行政経営局行政経営課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2735

ファックス番号:054-221-3659

メール:gyokei@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?