• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 財政・県税・出納・監査 > 県税のしおり > 自動車税種別割 > 自動車税種別割のグリーン化

ここから本文です。

更新日:令和3年4月12日

自動車税種別割のグリーン化自動車税種別割のグリーン化

地球
自動車税種別割のグリーン化の内容は次のとおりです。

 

 

重要平成26年度税制改正により、平成27年度から、新車新規登録から13年(ディーゼル車は11年)を経過した自動車の税率が変更になりました。詳しくはこちら(PDF:185KB)をご覧ください。

環境への影響が少ない自動車:自動車税種別割(令和元年9月30日以前は自動車税)が軽減されます。

平成31年4月1日から令和2年3月31日に新車新規登録された自動車についての軽減措置は、令和2年度で終了しています。

<令和3年度>

令和2年4月1日から令和3年3月31日までに新車新規登録された自動車令和2年4月1日から令和3年3月31日までに新車新規登録された自動車のうち

電気自動車、燃料電池車、天然ガス自動車(排出ガス要件あり)、プラグインハイブリッド自動車、
クリーンディーゼル乗用車(排出ガス要件あり)

新車新規登録した翌年度のみ

標準税率より

概ね75%軽減

低排出ガス車(★★★★)

令和2年度燃費基準30%向上達成車

令和2年度燃費基準10%向上達成車

新車新規登録した翌年度のみ

標準税率より

概ね50%軽減

環境への影響が大きい自動車:自動車税種別割(令和元年9月30日以前は自動車税)が重くなります。

 

<令和3年度>

ディーゼル車

平成22年3月31日以前に

新車新規登録されたもの

【バス・トラック】

標準税率に概ね+10%

【バス・トラック以外】

標準税率に概ね15%

ガソリン車

LPG車

平成20年3月31日以前に

新車新規登録されたもの

(注)電気自動車、天然ガス自動車、メタノール自動車、ガソリンハイブリッド自動車、一般乗合用バス、被けん引自動車は対象から除外されます。

 

自動車税種別割税額表のページ

自動車税種別割に関するお問い合わせは、県財務事務所までお願いします。

 

軽減の対象となる自動車は、国土交通省のホームページで確認できます

排出ガス基準はこちら
排出ガス基準(外部サイトへリンク)
燃費基準はこちら
燃費基準(外部サイトへリンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?