• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > くらし・環境 > ユニバーサルデザイン > 静岡県ユニバーサルデザイン・トップページ > ふじのくにUD特派員トップページ > 2016年度UD特派員の活動記録 > 長谷川刃物その3

ここから本文です。

更新日:平成28年10月13日

長谷川刃物株式会社の3

UD特派員3期生の美濃島祐佳です。

引き続き、長谷川刃物さんのUD製品についてお伝えしていきます。

 

今回は、「Casta」というハサミについてお伝えします。

Castaはその特徴的な持ち手により、使う人に合った、自由な使い方ができるハサミです。

手のひら全体で持つことができるので、指先が動かしづらい方や握力が弱い方でも簡単に切ることができます。

また、カバーを付けたままでもスムーズに使用することができるので小さな子供でも安心して使うことができます。

長谷川刃物7

このカスタネットハサミは、デザイナーの中川聰さんと組み、作られたそうです。

PPP評価という製品にUDの意識がどのように機能し、UDの原則がどのくらい達成できているかを客観的に評価するものがあります。

長谷川刃物さんのカスタネットハサミCastaは、ここで全体的に高い評価を得ています。(写真参照)

長谷川刃物8

ここからは、そんなCastaの開発のプロセスについて説明します。

Castaはモデルがいくつかあり、初期段階の形状から少しずつ改良され、現在の形状に至っています。

初期段階では、手に馴染みやすいように持ち手がボールを半分に切ったような形になっていました。

そして、ハサミが開きやすいように持ち手の間にスプリングが1本ついています。

長谷川刃物9長谷川刃物11

ここから、改良が加えられていきます。

初期モデルでは持ち手がただの球状でしたが、より手になじむように加工がされ、持ち手にフラットな面ができました。

これにより、ハサミを机に置いたまま使用することも可能になりました。

また、バネで刃が開いたままだと危ないということで、刃につけたまま切ることができるカバーがつきました。

より刃が開きやすくなるように、持ち手の間のスプリングが2本に増えました。

加えて、カーブの形や、面とり、重量を減らすための削りなど、細かな調整もされています。

長谷川刃物10長谷川刃物12長谷川刃物13

製品ができるまでには、試作の繰り返しだそうです。

形状が少し変わるだけで使い心地も変わってくるので、長谷川刃物さんはパーツごとにも細かくモデルを作って最良のものを検討されていました。

 

例えば、カバーの場合、紙がスムーズに切れるように紙の通り道であるスリットなどの形状を細かく検討されていました。

また、刃の部分も形状によって切り心地や1回で切れる長さが変わってくるので、こちらも細かく検討されていました。

 

このように長谷川刃物さんの製品は、細かなところまでこだわり、パーツごとでも全体の形でも使いやすさが追求されています。

 

【前の記事に戻る】_【次の記事に進む】

お問い合わせ

くらし・環境部県民生活局県民生活課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3153

ファックス番号:054-221-2642

メール:shohi@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?