• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > くらし・環境 > ユニバーサルデザイン > 静岡県ユニバーサルデザイン・トップページ > ふじのくにUD特派員トップページ > 2016年度UD特派員の活動記録 > 長谷川刃物その4

ここから本文です。

更新日:平成28年10月13日

長谷川刃物株式会社の4

UD特派員3期生の美濃島祐佳です。

引き続き、長谷川刃物さんへの取材について報告していきます。

 

今回の取材では、ギャラリー見学、工場見学もさせていただきました。長谷川刃物さんのハサミは様々な工程を経て作られています。

その中には職人さんによる手作業の工程もあり、職人さんの技が光っていました。

そんな職人さんの技や、細かい刃の調整など様々な工程の中で、「切りやすさ」が生まれているのだと感じました。

長谷川刃物14長谷川刃物15

 

そして今回は、長谷川刃物さんのその他のUD商品を紹介します。

 

  • Nail+

長谷川刃物16

 

ハサミのCastaに似た持ち手をした爪切りです。こちらもその人に合った、自由な使い方で爪を切ることができます。

 

机に置いたままでも安定して使うことができ、ヤスリも大きいので削りやすいです。

 

自分で爪を切るのが難しい人など、「自分のことが自分でできない」というストレスを無くしてくれるような商品です。

 

 

 

 

 

  • Line

長谷川刃物17

コンピュータのマウスのような形をしたカッターです。

マウスを動かすように使うことができるので、指先が器用でない人も子供も簡単に、安全に使うことができます。

長谷川刃物18

 

長谷川刃物さんのこれらの商品はHPでも紹介されているので、ぜひご覧ください。

【HARAC取り扱い商品一覧】http://www.harac.jp/product/index.html(外部サイトへリンク)

 

長谷川刃物さんのUD商品は、見た目が明らかに自助具だと分かるような形にはならないように作られているそうです。

だからこそ子供から大人、お年寄りまで誰もが使ってみたくなるような商品になっていると感じました。

そして、見た目がただ可愛らしい、楽しいだけでなく、きちんと目的に応じた自然な形になるように作られていました。

 

今回長谷川刃物さんを取材させていただき、製品の「使いやすさ」は形を考える、試作する、工場で刃物を製造する…などの

様々な工程の中での1つ1つの「使いやすさ」へのこだわりが積み重なってできているものなのだと感じました。

 

以上で、長谷川刃物さんの取材報告を終わります。

 

【前の記事に戻る】_【目次に戻る】

お問い合わせ

くらし・環境部県民生活局県民生活課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3153

ファックス番号:054-221-2642

メール:shohi@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?