• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > くらし・環境 > ユニバーサルデザイン > 静岡県ユニバーサルデザイン・トップページ > ふじのくにUD特派員トップページ > 2016年度UD特派員の活動記録 > 葉山珈琲その2

ここから本文です。

更新日:平成29年5月25日

葉山珈琲の2

こんにちは。UD特派員三期生の小林希衣です。

葉山珈琲ioriのバリアフリーやユニバーサルデザインの取り組みについて投稿します。

まずはじめに入口です。

葉山珈琲入口スロープ

入口はお店にとって大事です。誰もが利用しやすく、使いやすく、入りやすくするために工夫を行なっています。

それは、スロープの設置です。また、そのスロープは緩やかになっています。

スロープが設置されているところにも工夫があります。それは、車椅子用自動車が置ける駐車場のすぐ隣に設置されていることです。

移動の時間を短縮できますし、車椅子のお客様、付き添いのお客様の負担を減らすことにもできます。

車椅子の方にはスロープがあると入りやすいと思います。スロープの他にも手すりが付いていました。

手すりがあることにより、年配のお客様、足が不自由なお客様も安心して使うことができます。

そして、扉ですが押したり引いたりする扉です。車椅子の方も年配の方も押すのが大変と思うもしれませんが、軽い力ですぎに開きます。

また、この扉はすぐに戻ったりせず、開きっぱなしにできるタイプとなっています。

このことから、誰しもが利用しやすいお店の入り口ではないかと思いました。

【前の記事に戻る】_【次の記事に進む】

お問い合わせ

くらし・環境部県民生活局県民生活課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3153

ファックス番号:054-221-2642

メール:shohi@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?