• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > くらし・環境 > ユニバーサルデザイン > 静岡県ユニバーサルデザイン・トップページ > ふじのくにUD特派員トップページ > 2016年度UD特派員の活動記録 > 静岡平和資料センターその2

ここから本文です。

更新日:平成28年12月21日

静岡平和資料センターの2

静岡平和資料センターは、JR静岡駅から徒歩10分の伝馬町通り中央ビル90の2階にあります。

毎週金、土、日の午前10時から午後4時30分まで開館しており、入館は無料です。

静岡平和資料センター展示室

戦争を知らない世代に戦争の惨禍を語り継ぐとともに、平和への思いを新たに図ることを基本に、静岡・清水空襲を中心に焼夷弾や市民が遺した実物資料・体験画、戦時中の市民生活を撮りためた写真、米国立公文書館の発掘資料などを展示しています。

また、米軍撮影の貴重なフィルムとCG(動画)により、B-29の静岡空襲を再現した「静岡空襲」の映像も見ることができます。

静岡平和資料センター展示物(焼夷弾など)静岡平和資料センター展示物(市民提供資料)

1988年に市民有志が「静岡平和資料館をつくる会」を結成し、静岡市長に平和資料館の設立を要望してきましたが、未だ実現に至っていません。

平和資料館が設立されるまでの過渡的な措置として、1993年から市中央体育館の一隅を借用、1996年からは市の助成を得て民間施設を借り、会員によるボランティアで「静岡平和資料センター」を運営してきました。しかし、市民から寄せられた4000点以上に及ぶ戦時資料や平和文庫の保管・閲覧場所の不足、年間3000人以上が訪れる児童生徒らの見学スペースが手狭になるなどの問題がありました。

このため、来場者の利便性確保を目的に、静岡市、市教育委員会、市議会などの協力を得て、2008年に現在地に移転しました。

UD特派員3期生谷桃子

 

【前の記事に戻る】_【次の記事に進む】

お問い合わせ

くらし・環境部県民生活局県民生活課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3153

ファックス番号:054-221-2642

メール:shohi@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?