• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > くらし・環境 > ユニバーサルデザイン > 静岡県ユニバーサルデザイン・トップページ > ふじのくにUD特派員トップページ > 2016年度UD特派員の活動記録 > 石川県庁その2

ここから本文です。

更新日:平成29年6月1日

石川県庁の2

UD特派員3期生の森川真帆です。

3月27日、私は石川県庁に訪問取材に行き、総務部行政経営課情報システム室の中島さんと、県民交流課広報広聴室の中村さんにお話を伺いました。

現代社会では急激なIT化に伴って人々がインターネットに関わる機会が増えた一方で、特に高齢者や視覚障害者の方を中心として、情報格差(デジタル・デバイド)が大きな問題となっています。

今回は、そのような格差を軽減するためのホームページにおけるユニバーサルデザインについてお伝えしたいと思います。

石川県ホームページアクセシビリティ石川県ホームページユーザビリティ

石川県ではホームページのユニバーサルデザインを、「アクセシビリティ」と「ユーザビリティ」の2つの概念でとらえています。

ここでの「アクセシビリティ」とは、年齢や障害の有無などに関わらず、誰もが同じ情報を容易に入手できるかという度合いを、「ユーザビリティ」とは、「アクセシビリティ」に対応した上で、誰にとっても使いやすいものになっているかという度合いを指しています。そして、石川県はユニバーサルデザインの推進の一つとして、公式ホームページのウェブアクセシビリティの向上に特に力を入れています。

 

  • ウェブアクセシビリティ向上のために

石川県の公式ホームページには、ウェブアクセシビリティに関する機能が大きく2つあります。まずは、1クリックで文字の拡大や背景色変更が出来る機能。画面上部に「大」「中」「小」と文字の大きさを変更できるボタンが配置してあり、その隣にはページを見る人それぞれが見やすい色でページを閲覧できるよう、色合いを変更するボタンも並んでいます。

そしてもう1つが、ホームページ内の情報の音声読み上げ機能です。この機能は視覚などの障害の有無に限らず、利用者がより快適にホームページを閲覧できるために組み込まれており、画面上部の「ふりがな・音声読み上げ」ボタンを押すことで利用できます。

情報読み上げの画面では、十字カーソルを文字に合わせることで自動的にその部分が音声として流れます。画面左上にはコントロールパネルが配置されており、音声読み上げ機能の有効/無効、文字拡大窓の表示/非表示、十字カーソルの表示/非表示、配色、ふりがなの表示/非表示、オーバーレイフィルタの利用などを利用者それぞれが変更でき、最も自分が使いやすい表示方法を選択できる仕様になっています。音声読み上げはホームページ内の画像にも対応しており、画像にカーソルを合わせることで、その画像に対応する代替テキストが音声で再生されます。

音声読み上げ機能は自動で文字を認識するため、ページの更新などに対する順応性は高いのですが、文字の記述によって間違った読み方をしてしまう問題もあります(例えば、「平成」を「平」などとスペースを入れて表記すると、「へいせい」と正しく読まれずに「ひらしげる」と読まれる、「WINDOWS」を全角英字で表記すると「だぶりゅ・あい・えぬ・でぃ・おー・だぶりゅ・えす」と読まれる、「2016年」を全角数字で表記すると「にー・ぜろ・いち・ろく・ねん」と読まれるなど)。

このような問題を避けるため、ページ作成・更新の際にはシステムが適切に認識できる形式で表記を行うよう、注意喚起がなされるそうです。このような表記方法や代替テキストの入力は、ミスがあっても健常者から気づきにくいものですが、そこを見落とさない心遣いが重要であると教えていただきました。

 

【前の記事に戻る】_【次の記事に進む】

お問い合わせ

くらし・環境部県民生活局県民生活課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3153

ファックス番号:054-221-2642

メール:shohi@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?