• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > くらし・環境 > ユニバーサルデザイン > 静岡県ユニバーサルデザイン・トップページ > ふじのくにUD特派員トップページ > 2016年度UD特派員の活動記録 > 静岡県工業技術研究所その6

ここから本文です。

更新日:平成28年12月21日

静岡県工業技術研究所の6

こんにちは。UD特派員3期生の塚本直人です。

 

こちらは県工業技術研究所で開発された座椅子です。

県工業技術研究所のUD座椅子

昔は畳に座り生活をしている家庭が多かったですが、高齢になると立ち上がりが難しく、とても苦労をしていたそうです。

その話を聞いて、この問題を何とかしたいという思いから座椅子の開発に取りかかりました。

製品にするまで何万回ものテストを乗り越えてついに完成しました!

こちらの座椅子は高さが地面から30cm、この数字は立ち上がりに1番負担の少ない高さです。

実際に座らせてもらいましたが、とても立ち上がりやすかったです!

この高さは小さい子どもが座ることができる高さであり、お年寄りから子どもまで全ての年代で使うことができます。

 

そして座椅子とセットで机も開発されました。

県工業技術研究所のUD机(端の部分)

この机は座椅子の高さと合いとても使いやすいです。この机の端のほうが少し盛り上がっていて、机の上でお茶をこぼしても畳が汚れないようにと作られました。

また机の裏の部分はへこみがあり、簡単に持ち運びをすることができます。

県工業技術研究所のUD机(裏の部分)

先ほどの座椅子、机ともにすり足となっており畳を傷つけないように設計されました。

このようにお年寄りから子どもまでが安全に快適に利用でき、畳での生活という日本の暮らしの文化を大切にしているということでユニバーサルデザインになると思いました。

 

【前の記事に戻る】_【次の記事に進む】

お問い合わせ

くらし・環境部県民生活局県民生活課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3153

ファックス番号:054-221-2642

メール:shohi@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?