• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > くらし・環境 > ユニバーサルデザイン > 静岡県ユニバーサルデザイン・トップページ > ふじのくにUD特派員トップページ > 2016年度UD特派員の活動記録 > 農業分野における障害者雇用セミナーその3

ここから本文です。

更新日:平成29年5月24日

農業分野における障害者雇用セミナーの3

UD特派員3期生入嵩西ももとです。

 

  • ノーマポート高草志郎さんが紹介していた中部地区における農業分野の障害者雇用事例について
  • 事例1

「藤枝特別支援学校焼津分校」

3学年計40名が在籍しており、主に知的障がいをもつ子が通っています。

「働き続ける人」を目指し、自主生産作業(ものづくり班、農業班)や、地域作業(周辺の企業で実際に作業)、委託作業(地元企業の仕事を受託)を作業学習として行っています。

今回のセミナーのテーマが農業分野での活躍ということなので、自主生産作業の農業班について紹介します。

農業班の概要として、「農業を理解し、農作業実務を身に着けている」、「学校内に農地があり周年で野菜作りを行っている」、「JAや農業法人等で農業実習をしている」、「商品作り(観葉植物のこまたけ)」などがあります。毎年、数名が農業関連に就職しています。

藤枝特別支援学校焼津分校

  • 事例2

「株式会社よしもとよしもとファーム」

よしもとファームは、静岡県葵区足久保にあり、代々800年の歴史があるお茶農家です。

お茶の消費量減少により新事業を検討した際に、障がい者の働く場所となることを考え、「しいたけ栽培」を開始しました。

よしもとファームの障がい者雇用について、2015年4月にA型事業所として認可されました。初年度は10名採用し2016年度には20名体制となり、管理者5名が指導を担当しています。身体、知的、精神ともに雇用しており、年齢層は20歳~60歳、通勤可能なことが条件です。勤務時間は4時間(土日有り)で、障がい者の都合に合わせてシフト勤務です。

よしもとファーム

以上で、事例についての紹介を終わります。

就労者の高齢化や担い手不足が進んでいる農業分野において、障がい者の方々が多様な労働力として、より活躍できる場が確保されていくことを期待しています。

また、農家、園芸活動を通じて得られるリハビリテーションやコミュニケーション促進などの様々な効用にも期待したいです。

以上で、農業分野における障害者雇用セミナーについての投稿を終わります。

【前の記事に戻る】_【目次に戻る】

お問い合わせ

くらし・環境部県民生活局県民生活課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3153

ファックス番号:054-221-2642

メール:shohi@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?