• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > くらし・環境 > ユニバーサルデザイン > 静岡県ユニバーサルデザイン・トップページ > ふじのくにUD特派員トップページ > 2016年度UD特派員の活動記録 > はままつ子育てネットワークその2

ここから本文です。

更新日:平成28年9月23日

NPO法人はままつ子育てネットワークぴっぴ「つながる支援パック」の2

【ぴっぴの熊本支援報告&大災害から私たちのこれからを考える】

 

UD特派員3期生の森川真帆です。

9月12日、浜松市福祉交流センターで行われた「ぴっぴの熊本支援報告&大災害から私たちのこれからを考える」に参加しました。

今回は、2016年4月熊本地震の際に被災地に送られたという「つながる支援パック」の内容についてお伝えしたいと思います。

 

  • 「つながる支援パック」

「つながる支援パック」とは、災害時に乳幼児が必要な物資をひとまとめにしたもので、はままつ子育てネットワークぴっぴさんが、災害時に子育て家庭に必要物資が行き届いていないことに焦点を当て、2014年からプロジェクトを立ち上げ、企画、製作しているものです。

現在は0歳から3歳の乳幼児、またアレルギー疾患を持つ0歳から3歳の乳幼児に向けた「つながる支援パック」が開発されており、中には次のような物資が入れられています。

ぴっぴ4

【0~3歳の乳幼児を想定したもの】

ミルク、哺乳瓶、紙コップ、離乳食、スプーン、おしりふき、ドライシャンプー、タオル、バスタオル、ラップ、ゴミ袋、水

【アレルギー疾患を持つ0~3歳の乳幼児を想定したもの】

ミルク(アレルギー対応)、スプーン、紙コップ、離乳食(アレルギー対応)、クリーンコットン、ワセリン、タオル、バスタオル、ゴミ袋、ラップ、水

これらは、被災者の方や静岡県内に住むお母さんたちを対象にいくつもの調査をし、災害時に支援物資として乳幼児に何がもらえたら役立つかを探り、最低限の10品目に絞ったものだそうです。

ぴっぴ5

物資が入れられているバッグにも、乳幼児、その親御さんに優しいポイントがあります。

まず、バッグはその後の支援物資などの配布に再利用できるよう、丈夫な布製のものとなっています。

また、乳幼児用にはピンク色の「子どもがいます。」マーク、アレルギー疾患をもつ乳幼児用にはオレンジ色の「アレルギーがあります。」マークがつけられており、これを持っているだけで、災害時に避難所などで妊婦や乳幼児、アレルギーを持つ子どもがいることを周囲の人に「知らせる」ことができます。

これらのマークも、はままつ子育てネットワークぴっぴさんが考案したものです。

このような「つながる支援パック」が、熊本地震後に乳幼児用50パック、アレルギーを持つ乳幼児用50パックの計100パック被災地に送られました

 

【前の記事に戻る】_【次の記事に進む】

お問い合わせ

くらし・環境部県民生活局県民生活課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3153

ファックス番号:054-221-2642

メール:shohi@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?