• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > くらし・環境 > ユニバーサルデザイン > 静岡県ユニバーサルデザイン・トップページ > ふじのくにUD特派員トップページ > 2016年度UD特派員の活動記録 > はままつ子育てネットワークぴっぴその3

ここから本文です。

更新日:平成28年12月1日

NPO法人はままつ子育てネットワークぴっぴの3

UD特派員3期生の森川真帆です。

 

今回は、前回紹介したぴっぴの活動のうち、特に「情報収集・発信事業」に焦点を当てたいと思います。

情報収集・発信事業のメインとして、「浜松市子育て情報サイトぴっぴ」を運営しています。「ぴっぴ」では子育てに関連する情報を発信しているサイトですが、『市民協働』と『親目線』という2つを徹底し運営していることで、子育て中の親だけでなく、企業や病院、行政関係者など多くの人に信頼・注目されるサイトとなっています。

 

  • 『市民協働』と『親目線』

「ぴっぴ」は行政と連携し運営しているサイトですが、子育てに関連する浜松市の行政情報だけでなく、民間情報を合わせて発信しており、更に市民のニーズに対応できるサイトとなっています。

ボランティアとして浜松市のお父さんお母さんを「取材ママ・パパ特派員」に任命し、実際に自分が行ったおすすめのお出かけスポット(公園やイベント、その他レジャー施設など)を紹介してもらうといったブログページもあり、市民と行政が一体となったサイトである印象を受けました。民間企業からの情報提供もいただいており、そのなかでぴっぴは、市民・民間と行政の中間の立場として、どちらにも偏らない冷静な目で、「ぴっぴ」を運営しているそうです。

もう一つの大きな特徴として「ぴっぴ」では、たとえ行政からの情報であっても、まず自分たちでわかりやすい言葉に変換してから、サイトで発信していることが挙げられます。行政言葉は時に難しく、人によってとっつきづらい印象を与えるため、「ぴっぴ」ではそのわかりやすさを徹底的に追求し、行政に逐一確認を取りながら文章を考えているそうです。サイト全体の可愛らしいデザインも、「親目線」で考えられています。

ぴっぴ情報発信1ぴっぴ情報発信2

 

  • ぴっぴの情報発信

ぴっぴは情報発信のツールとして、Webサイト「ぴっぴ」だけではなく、FacebookやTwitter、LINE、紙媒体の冊子やチラシなどを用途に合わせて使っているそうです。

Webサイトは情報を迅速に更新できるメリットがあるため、「浜松子育て情報センター」にいる職員さんが毎日更新をしています。しかし、高齢の方はWebをあまり見ないという方も多いため、紙媒体の印刷物を作成し市役所や活動に協力してくださる団体、会員さんなどに届けるそうです。冊子には変動する情報(月のイベント情報など)ではなく、固定の情報(公園や保育施設、病院などの情報)を多く掲載しています。

人々の情報収集方法として急速にインターネットが普及している現代のように、変わっていく環境にどう対応していくかをいつも考えていると伺いました。

また、ぴっぴはツールを使って情報を知らせるだけではなく、「同じようなパパ・ママとつながりたい」というお父さん、お母さんに向けて子育てサークル情報の提供や講座・公園情報などの提供も行い、リアルの場の提供も行っています。このような子育て家庭のつながりを作る活動は、はじめての子育てや、まわりに相談できる相手が少ないお父さん・お母さんにとって非常に心強いものだろうと思います。

ぴっぴ広報誌1ぴっぴ広報誌2ぴっぴ広報誌3

 

【前の記事に戻る】_【次の記事に進む】

お問い合わせ

くらし・環境部県民生活局県民生活課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3153

ファックス番号:054-221-2642

メール:shohi@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?