• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > くらし・環境 > ユニバーサルデザイン > 静岡県ユニバーサルデザイン・トップページ > ふじのくにUD特派員トップページ > 2016年度UD特派員の活動記録 > シェ・ワタナベその4

ここから本文です。

更新日:平成28年12月1日

シェ・ワタナベのアレルギー対応ケーキの4

シェ・ワタナベさんでは、今まで紹介したアレルギー対応ケーキのほかにも、多くの人にお菓子を楽しんでもらいたいという想いから生まれた商品があります。

また、店内には卵や牛乳を使わずに美味しいデザートが家庭でも作れるようにという、シェ・ワタナベの店主さんが書かれたレシピブックも販売されていました。

シェワタナベレシピブック

 

  • ノンアレルギークッキー

ホールのケーキはお祝い事などの特別なときに食べますが、アレルギー体質のお子さんを持つ家族にとっては、日々のおやつについても気を使うところだと思います。

シェ・ワタナベさんでは卵、乳、大豆を除去したクッキー、卵、乳、大豆に加えて小麦を除去したクッキーを店頭、インターネット上の両方で販売しています。

店頭には10種類ほどの色んな味(バニラ、チョコチップ、クランベリー、シナモンなど)のものや、米粉で作られた野菜味のノンアレルギークッキーなどが並んでおり、どれも美味しそうで選ぶのに悩んでしまいそうでした。作った当初はクッキーの味は1種類しかなかったそうですが、より多くの人に食べてもらえるよう、どんどん新しい味に挑戦し、今のようにたくさんの味のクッキーができたそうです。

 

  • 低カロリーケーキ

シェ・ワタナベさんでは糖尿病で甘いものを制限されてしまったけど、やはりケーキが食べたいという方からの要望から、低カロリーケーキの販売も行っています。

ここでも、できるところまでお客さんの要望に対応しようという店主さんの思いが感じられました。

 

今回の取材では、店内に入ってすぐの壁にかかっていたコルクボードにいっぱいの感謝のお手紙、美味しそうにアレルギー対応ケーキを食べている子どもの写真、楽しそうに笑う家族の写真などが貼られていたことがとても印象に残りました。

 

ケーキやお菓子は食べなくては生きていけないものではないですが、やはり人々の生活に根付いており、それが自分だけ食べられないというのは想像以上に辛いことであると思います。また世間のアレルギーに対する理解がより進み、このようにアレルギー対応の食品を提供する飲食店がもっと増えることで、アレルギーを持っている人も持っていない人も、みんなが「食べること」を楽しめるように変化していけばいいなと感じました。

シェワタナベのノンアレルギークッキー1シェワタナベのノンアレルギークッキー2

以上でシェ・ワタナベについての投稿を終わります。

 

【前の記事に戻る】_【目次に戻る】

お問い合わせ

くらし・環境部県民生活局県民生活課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3153

ファックス番号:054-221-2642

メール:shohi@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?