• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > くらし・環境 > ユニバーサルデザイン > 静岡県ユニバーサルデザイン・トップページ > ふじのくにUD特派員トップページ > 2016年度UD特派員の活動記録 > ヤマハ株式会社その4

ここから本文です。

更新日:平成28年11月7日

ヤマハ株式会社の4

こんにちは。UD特派員3期生の美濃島祐佳です。

引き続き、おもてなしガイドについてお伝えします。

ヤマハ14

おもてなしガイドは、今はアプリという形をとっていますが、実際はアプリをプロモーションしたいわけではないと瀬戸さんは仰っていました。

おもてなしガイドは、アプリではなく「システム」だということです。

 

2020年には、東京五輪も控えています。それに伴い、外国人観光客も増えていくと考えられます。

これからのおもてなしガイドの理想としては、外国人が使っているアプリの中にこのおもてなしガイドの機能を入れていくということだそうです。

 

わざわざ、専用のアプリを取らないとその機能が使えないというのは本当のUDとは言えません。

普段から使っているものに、おもてなしガイドのシステムを入れていくことで、様々な人がより身近で使えるようになります。

 

そして、このおもてなしガイドは、ただ単にアナウンスが翻訳できるということだけではありません。

瀬戸さんはおもてなしガイドを通じて音の世界のUDの価値をきちんと世界に知ってもらうことが大切だと仰っていました。

 

システム自体のUDを作るだけでなく、様々な人に「広める」「知ってもらう」ことも、UDの大切なことの1つであると感じました。

 

【前の記事に戻る】_【目次に戻る】

お問い合わせ

くらし・環境部県民生活局県民生活課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3153

ファックス番号:054-221-2642

メール:shohi@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?