• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > くらし・環境 > ユニバーサルデザイン > 事例紹介 > ユニバーサルデザイン取組事例 > 千代田タクシー株式会社

ここから本文です。

更新日:令和3年1月12日

千代田タクシー株式会社(静岡市)

全ての人に快適な移動を提供する「UDタクシー」をいち早く導入

タクシーは人々の生活に欠かすことのできない「移動」を支える、大切な役割を担っています。千代田タクシー株式会社は1967年の創業以来、地域の暮らしを支えるとともに、すべての方々に「快適な移動」を提供することを目指し、さまざまな取り組みを行っています。加藤高立社長は福祉について非常に関心が高く、ユニバーサルデザインの理念にも早くから着目し、独自の取り組みを展開してきました。

1976年には一般のセダン型タクシーに車椅子を積載できる装置を独自に開発し、車椅子利用者でも利用できるタクシーの運行を、全国に先駆けてスタートさせました。さらに1988年には首都圏以外で初めて、ユニバーサルデザイン(UD)・タクシーを導入しました。

1外観2代表3千代田タクシー代表

自社開発のUDタクシー「ユニキャブ(R)※」や福祉輸送専用車を運行

1988年当時、障がいのある方も健常者も利用できるUD車両は、どこの自動車メーカーも作っていませんでした。そこで、7人乗りのワンボックス車を自社で工夫して、リフトで車椅子を積める車両を開発し、「ユニキャブ(R)」と名付け、UDタクシーとして導入しました。しかし、7人乗りは大型扱いとなり料金が高額になるため、改善を重ねて小型扱いのユニキャブ(R)を開発しました。

現在では、自動車メーカーが開発したUDタクシーを加え、計5両を備えていますので、用途や人数に応じて選ぶことができます。ほかにも、ストレッチャーで寝たままで移動できる福祉輸送専用車を運行しており、入退院の移動や旅行などにも利用することができます【次のページへ続く】

「ユニキャブ」は登録商標。Rの文字を丸で囲った文字は機種依存文字のため、()にて代用

4ユニキャブ

7福祉車両6福祉車両9ユニキャブ

 

一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る

企業情報

お問い合わせ

くらし・環境部県民生活局県民生活課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3153

ファックス番号:054-221-2642

メール:shohi@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?