• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 県政総合 > ようこそ副知事室へ > 副知事 難波喬司 > 難波副知事コラム

ここから本文です。

更新日:令和元年12月6日

左ナビゲーションバーをスキップして本文へ

ここから本文です。

難波副知事コラム

第84回『大井川の源流状況確認に行きました。』

静岡県内の南アルプスでは、リニア中央新幹線のトンネル工事が計画されています。工事の影響により、大井川水系に属する河川や沢の水が減り、ところによっては水が枯れてしまう恐れがあります。11月28日に、渇水期の沢の状況を確認するため大井川の源流にあたる西俣川の上流部に行ってきました。

今回の状況確認にあたっては、県のほか国土交通省、JR東海関係者等、約30人が参加しました。

それでは状況確認の報告です。

日の出前、朝の4時半に井川の宿を出発し、曲がりくねった県道南アルプス公園線を1時間程度走ると、静岡市が管理する林道東俣線の起点である沼平のゲートに到着しました。通行許可証を得てガタガタ道の林道を走っていると段々明るくなり、カラマツや広葉樹の山林が見えてきました。林道は10月の台風19号の影響を受け、ところどころ激しく被災して道が付け替えられている状態でした。約2時間走り、林道終点の二軒小屋ゲートへ着く頃にはすっかり明るくなっていました。ここからは、地権者である特種東海製紙が管理する道路です。7時半に関係者に、ゲートを上げてもらい奥の西俣ヤードに繋がる管理道を車で10分ほど走ると、橋が流されてこれより先は車では進めなくなっていました(写真1)。ここからは、登山靴を履き、ヘルメットを被って道なき道を歩きます。


 

 

 84-2

写真1 管理道被災状況

 

 

写真2 西俣ヤード被災状況

 

1時間半程で作業員の宿舎予定地等となる西俣ヤードに到着しました。ここはリニアの非常口でもあり、また、トンネル内湧水の一部がポンプアップされ、導水される予定でもあります。ヤードも被災し、造成地の一部が無くなっています(写真2)。対岸にも大きく崩落した箇所が目につき、大井川上流部の地質の脆弱性を改めて感じました。ここから、西俣川上流部を目指し、西俣川の河川内を歩くことになります。

 

84-4
写真3 崩落箇所通行状況

 


写真4 西俣川渡河状況

 

崩落箇所(写真3)を通りながら、途中で登山靴を胴長に履きかえ、滑りやすい河川の中を慎重に渡河しながら(写真4)30分程で蛇抜沢(じゃぬけさわ)(写真5)に着きました。ここで再び登山靴に履きかえ、岩場を1時間程歩き続けると新蛇抜沢(しんじゃぬけさわ)へ到着しました。この2つの沢の直下を中央新幹線が通過する予定です。蛇抜沢から上流の西俣川は下流に比べ明らかに水量が少なくなっているのが分かりました。

 


写真5 蛇抜沢

 


写真6 新蛇抜沢

 

西俣川に流れ込む新蛇抜沢(写真6)では小川が流れる程度(数日前の調査では0.05t/秒)の流量であり、水が減ると沢枯れが生じる恐れがあることが確認できました。

こういった工事の影響を受けやすい箇所では、工事の影響の常時観測が必要で、その方法を考えなければなりません。当然ですが、電源はなく、電波も繋がりにくい場所です。

また、土石が雨のたびに流れ落ち、流量変化が大きい野渓においては流量計も一緒に流されてしまう恐れがあります。監視カメラのような設備の設置も検討すべきと思われます。

新蛇抜沢からの帰り道は、気温が急激に下がり、雪も降ってきました。この日以降は、この地には素人は入れなくなりますので、今シーズンの現場状況確認の最後のチャンスでした。

今回の状況確認では、JR東海と国土交通省とともに沢の現状等について共有できたことが大きな収穫となりました。今後は、この共通認識を基に保全対策等をJR東海に求めていきたいと思います。これからも、南アルプスの自然環境の保全のために尽力したいと思います。

 

バックナンバー

第61回 『副知事再任に当たって』
第62回 『農泊地域を訪問しました』
第63回 『「小川さば」を使った新商品「さばチキン」をご紹介します』
第64回 『劇団四季ミュージカル「オペラ座の怪人」は「凄い」!』
第65回 『遠州が舞台の映画「明日にかける橋」に感動!』
第66回 『大井川の水は“いのちの水”』
第67回 『秋晴れに誘われて「駿河湾フェリー」』
第68回 『サイクリング×おおさわ縁側カフェ×野外吹奏楽(静岡農業高校吹奏楽部)』
第69回 『2020年4月に新しい大学「静岡県立農林環境専門職大学(仮称)」が開学します』
第70回 『「いい夫婦の日(11月22日)」には花束を』
第71回 『静岡産オリーブオイル』
第72回 『東京大田市場での静岡県の農芸品トップセールス』
第73回 『新年のご挨拶』』
第74回 『裾野市で、軽くて薄い(土の厚さ6cm)緑化システムが完成』
第75回 『平成30年度農業農村整備優良地区コンクールで三ヶ日地区が「農林水産大臣賞」を受賞』
第76回 『日本平夢テラスにおける「構想力」と「現場力」』
第77回 『日本画「天城の淵瀬」を寄贈していただきました』
第78回 『ふじさん駿河湾フェリー、新たな体制で運航開始』
第79回 『地域資源を活かした新結合』
第80回 『駿河湾フェリー・貸切特別室の提供を始めました』
第81回 『郷土料理の収録本「しずおかのおかあさんふるさとの百年ごはん」が出版されました』
第82回 『三伏峠・塩見岳の高山植物保護活動』
第83回 『平形精一静岡大学名誉教授より、書をいただきました』

コラムバックナンバー(第1回~第60回)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?