• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 県政総合 > ようこそ副知事室へ > 副知事 難波喬司 > 難波副知事コラム

ここから本文です。

更新日:令和元年9月3日

左ナビゲーションバーをスキップして本文へ

ここから本文です。

難波副知事コラム

第81回『郷土料理の収録本「しずおかのおかあさんふるさとの百年ごはん」が出版されました』

日本には、季節や行事にちなんだ行事食や地域の産物を使って、独自の料理法で作られ食べ継がれてきた郷土料理があります。本県にも、多彩な農産物を用いた様々な郷土料理、伝統料理があります。この度、静岡のお母さんたちが作り続けてきた愛情料理が『郷土料理のレシピ本「しずおかのおかあさんふるさとの百年ごはん」』として出版されました。

 

8月30日に、この本を作られた元静岡県農業職員の生活普及員らで構成する静岡県アグリサポートの会の皆さんがお越しくださいました。

 

東部地区の「じゃがいも餅」、中部地区の「晩柑の皮の砂糖煮(オレンジピール)」、志太榛原地区の「ホトトギス漬け」、西部地区の「ぼくめし」をいただきましたが、どれも地域の恵みが上手に活かされた素晴らしい一品でした。

また、「ぼくめし」は、浜名湖畔の養鰻池で大きく育ちすぎて出荷できなくなったうなぎを使った作業員の「まかない食」であったことなど、料理の由来も掲載されています。

 

この本は、県内主要書店で販売しているそうです。ご家庭ではあまり見かけることがなくなった懐かしい料理が、季節ごとに載っていますので、多くの方に読んでいただき、大切にしたい郷土の味を後世に伝えてほしいと思います。

 

私でも、作れそうなレシピがありますので、この本を見ながら、郷土料理を再現し楽しみたいと思います。

バックナンバー

第61回 『副知事再任に当たって』
第62回 『農泊地域を訪問しました』
第63回 『「小川さば」を使った新商品「さばチキン」をご紹介します』
第64回 『劇団四季ミュージカル「オペラ座の怪人」は「凄い」!』
第65回 『遠州が舞台の映画「明日にかける橋」に感動!』
第66回 『大井川の水は“いのちの水”』
第67回 『秋晴れに誘われて「駿河湾フェリー」』
第68回 『サイクリング×おおさわ縁側カフェ×野外吹奏楽(静岡農業高校吹奏楽部)』
第69回 『2020年4月に新しい大学「静岡県立農林環境専門職大学(仮称)」が開学します』
第70回 『「いい夫婦の日(11月22日)」には花束を』
第71回 『静岡産オリーブオイル』
第72回 『東京大田市場での静岡県の農芸品トップセールス』
第73回 『新年のご挨拶』』
第74回 『裾野市で、軽くて薄い(土の厚さ6cm)緑化システムが完成』
第75回 『平成30年度農業農村整備優良地区コンクールで三ヶ日地区が「農林水産大臣賞」を受賞』
第76回 『日本平夢テラスにおける「構想力」と「現場力」』
第77回 『日本画「天城の淵瀬」を寄贈していただきました』
第78回 『『ふじさん駿河湾フェリー、新たな体制で運航開始』
第79回 『地域資源を活かした新結合』
第80回 『駿河湾フェリー・貸切特別室の提供を始めました』

コラムバックナンバー(第1回~第60回)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?