• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 人事委員会事務局 > 静岡県職員採用情報 > 採用試験情報 > 行政IIについて

ここから本文です。

更新日:令和3年5月14日

静岡県職員採用 ともに創ろう!静岡の未来

静岡県職員採用試験(大学卒業程度)行政II

令和3年度実施採用試験

令和3年度実施静岡県職員採用試験の詳細は、こちらから。現在実施中の試験

行政II

静岡県では、大学卒業程度試験の行政において「行政I」「行政II」の2つの試験区分を設けています。

「行政II」35歳まで受験可能です。

試験内容

区分

行政I

行政II

第1次

試験

 

教養試験(マークシート方式)

(知識分野)25題中15題を選択解答

社会科学、人文科学、自然科学

(知能分野)25題を全問解答

文章理解、判断推理、数的推理、資料解釈

 

総合能力試験(マークシート方式)

40題を全問解答

現代社会(時事)

文章理解、判断推理、数的推理、資料解釈

社会政策、国際関係

 

専門試験(マークシート方式)

55題中40題を選択解答

(法律系科目又は経済系科目は55題中、各18題程度)

政治学、行政学、憲法、行政法、民法、刑法、労働法、経済原論、経済事情、経済政策、

財政学、社会政策、国際関係、経営学、教育学、心理学、社会福祉

-

論文試験

第2次

試験

論文試験

-

集団討論

集団討論

面接試験(個別面接2回)

面接試験(個別面接2回)

適性検査

適性検査

特徴

法律・経済などの専門試験がありますが、選択解答としているため得意な分野で受験できます。

30歳まで受験可能

法律・経済などの特別な公務員試験対策は不要で、より人物重視の配点となっています。

35歳まで受験可能

(※行政Iと行政IIの併願はできません。)

また、試験方法は異なりますが、採用後の配属・職務内容などに差異はありません。

 

配点

区分

第1次試験

第2次試験

合計

教養試験

専門試験

総合能力試験

論文試験

論文試験

面接試験

行政I

40点

40点

-

-

40点

480点

600点

行政II

-

-

50点

50点

-

500点

600点

 

お問い合わせ

人事委員会事務局職員課 

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2275

ファックス番号:054-254-3982

メール:shokuin@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?