• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 人事委員会事務局 > 静岡県職員採用情報 > 静岡県庁の紹介 > 令和元年度先輩職員の声 > 令和元年先輩職員の声・行政1(中堅)

ここから本文です。

更新日:令和元年12月2日

静岡県職員採用 ともに創ろう!静岡の未来

先輩職員の声

永田 雄太

所属 経営管理部 地域振興局 市町行財政課

職種 行政

入庁年 平成24年

※掲載している職員の所属や業務内容は、令和元年11月現在の情報です。

これまでの職務経歴と、そこでどのようなエピソードがあったか教えてください。

平成24年 交通基盤部
下田土木事務所
維持管理課
公共施設の管理事務
道路、河川等の維持管理(パトロール、道路等使用許可、境界確定、苦情対応等)
平成26年 健康福祉部
管理局経理監付
予算・議会事務
健康福祉センターの予算、生活衛生局の予算担当、決算、財政関係各種照会
平成28年 総務省
自治財政局財務調査課
(東京事務所派遣)
財政施策・法律立案事務
財政健全化法・地方独立行政法人法に基づく調査・許認可業務

ある一週間のスケジュール

庁内各部局との打合せ 交付税算定に用いる基礎数値について、庁内の各部局からの報告数値確認の打合せを行います。
特別交付税担当者会議への出席 総務省にて開催される会議に出席して、今年度の特別交付税算定における留意点等を確認します。
市町からの相談対応 市町からの法解釈に係る問合せや照会に対する質問などについて、根拠を確認して回答します。
交付税検査の実施 市役所又は町役場に訪問して、地方交付税が適正に算定されているか検査を行います。
特別交付税算定調書の提出 各市町から提出された調書をとりまとめて、総務省へ提出します。

現在、どんな部署でどんな仕事をしていますか?

地域振興局市町行財政課では、国と市町をつなぎ、県内市町の行財政事務が円滑に進むようなサポートを行っています。私は交付税班に配属され、地方交付税法に基づき、国から県内市町に交付される地方交付税の算定を行っています。具体的には、県内の市町に調査を依頼し、資料をとりまとめて国へ回答をおこないます。また、交付された地方交付税の額が適正であるか確認するため、県内の市役所又は町役場を訪問し、市町の職員の方々と顔を付きあわせながら検査を行っています。
当課の他の班も、市町の行政運営を支援しています。「市町行財政総合相談窓口」を設置して、市町が事務を進める際の悩み事や行政手続に関する問合せをワンストップで受け付けているほか、具体的な相談事例を紹介して、それに関する論点やヒントを示した「静岡県市町行財政ガイドブック」を編纂して、ホームページで公開するといった支援をしています。
昨年は、静岡県の地方分権の取組を世界に向けて発信していくため、英訳版を作成するプロジェクトチームが結成されて私も参加し、複数回の打合せの末「OUR CURRENT STRATEGIES & ACTION ON DECENTRALIZATION」が完成し、HP掲載や各国大使館へ送付するなど、静岡県を世界に発信する取組に携わることができました。

これまで仕事をしてきた中で、最もうれしかったこと、印象に残っていることはどんなことですか?

国へ派遣されている際に、法令の改正作業に携わったことです。
施行から約10年が経過していた法令の大改正でしたが、地方の実情にあわせた新たなルールを制定するために、全国約1,800ある地方公共団体を対象に各種照会を行ったり、意見等を伺ったりして、多くの方と関わり合う中で、私は、地方公共団体職員としての視点を大事にして作業に当たりました。
年度末に法令が無事に施行された時は、静岡県をはじめ、全国の地方公共団体に関わるルール制定に携われたとの思いから、大きな達成感を味わうことができました。

県職員の仕事の「やりがい」「魅力」は何ですか?

「富士山(Mt.FUJI)」や「伊豆半島(IZU Peninsula)」など、世界遺産や美しい自然をフィールドに仕事ができることは大変魅力的です。世界中の多くの人が知っている富士山などを活用して、世界中に静岡県の魅力を発信する仕事に携わることができる、これはやりがいがあります!

これから目指す県職員像、今後やりたい仕事等をお聞かせください。

様々な「変化」に柔軟に対応しつつ、フレッシュな心を持ち続けて、何事にも真摯に向き合っていく職員になっていきたいと考えています。
時代の変化とともに、行政を取り巻く環境は大きく変わってきており、行政に求められることも日々変化しています。そのような中で、行政分野の枠だけにとらわれない、様々な仕事や経験を積んで、20年、30年先も必要とされる県の職員になっていきたいと思います。

終業後や休日の過ごし方について教えてください。

休日は、所属する県庁野球部の活動に参加し、河川敷や静岡市内の球場などで、野球少年たちの隣で汗を流しています。また、夏には「官公庁野球大会」に出場し、県予選を突破し、東海大会や全国大会に出場するなど、高校球児にも負けない暑い夏を過ごしております。

その他、特に伝えたいこと

今は焦らずにいろんなことにチャレンジして、自分の得意なこと、苦手なこと等、自分について誰よりも詳しくなってください。
また、何か一つでも毎日続けていけることを探して、とことん打ち込んでみてください。

美しい自然と豊かな人を育むふじのくに静岡県で、一緒に汗を流しましょう!

先輩職員の声

行政

入庁年:平成30年

平井 将太

行政

入庁年:平成30年

加藤 ももこ

行政

入庁年:平成25年

石間 志津穂

行政

入庁年:平成27年

石野 梨加

行政

入庁年:平成29年

佐藤 和也

行政

入庁年:平成30年

石田 小織

行政

入庁年:平成21年

鈴木 涼子

行政

入庁年:平成3年

川田 剛宏

行政

入庁年:平成18年

鈴木 俊也

行政

入庁年:平成24年

田所 奈保子

行政

入庁年:平成20年

吉野 啓吾

行政

入庁年:平成15年

渡邉 桂司

行政

入庁年:平成28年

前田 洋輔

行政

入庁年:平成29年

岸本 浩希

行政

入庁年:平成29年

石川 遥菜

行政

入庁年:平成26年度

漆畑 智絵

行政

入庁年:平成29年

大畑 由佳

行政

入庁年:平成23年

幸田 晃彦

行政

入庁年:平成21年度

矢崎 祐美

行政

入庁年:昭和57年

金井 いすず

行政

入庁年:平成15年度

尾藤 祐介

行政

入庁年:平成15年度

浅野 奈央

行政

入庁年:平成26年

殿村 美乃

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?