• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 人事委員会事務局 > 静岡県職員採用情報 > 静岡県庁の紹介 > 令和元年度先輩職員の声 > 令和元年先輩職員の声・保健師(中堅)

ここから本文です。

更新日:令和元年12月2日

静岡県職員採用 ともに創ろう!静岡の未来

先輩職員の声

寺田 ゆかり

所属 健康福祉部 医療健康局 健康増進課

職種 保健師

入庁年 平成26年

※掲載している職員の所属や業務内容は、令和元年11月現在の情報です。

これまでの職務経歴と、そこでどのようなエピソードがあったか教えてください。

平成26年 西部健康福祉センター
掛川支所
主に精神保健福祉を担当し、相談、家庭訪問、デイケアに携わりました。先輩保健師から面接方法や「生活」を見てくることを学びました。
平成28年 賀茂健康福祉センター
地域医療課
感染症対策を担当し、感染症が蔓延しないように疫学調査を行ったり、医療資源が乏しい地域の病院の感染症担当看護師とのネットワークを構築しました。
平成30年 医療健康局健康増進課
(現職)
初めての県庁業務で、県全体を見た健康づくりの施策や予算の流れなどについて学んでいます。

ある一週間のスケジュール

午前:調査結果の取りまとめ
午後:通知文作成
県内の市町の取組状況を取りまとめ、還元するために通知文章を作成します。
生活習慣病に関連する会議に出席(東京出張) 国が行う会議に参加し、他県の方と情報交換会を行い、新しい情報を収集します。
午前:資料作成
午後:会議出席
研修会の説明資料作成や集計作業などを行います。
午後は出先の健康福祉センターが行う会議に出席し、市町の取組から地域の健康課題を把握します。
午前:災害の研修会の打合せ
午後:報告書作成
11月に災害に関する研修会の講師を依頼されているため、依頼元の担当者と打合せを行います。
午後は、出張や打合せの報告書を作成します。
特定保健指導の研修会の準備 週明けに行う研修会の準備のため、担当者との最終打合せ、講師への連絡、資料の印刷等を行い、研修会に備えます。

現在、どんな部署でどんな仕事をしていますか?

健康増進課に所属し、「健康寿命日本一」を目指して、県民の健康づくり施策を行っています。私の担当業務は、生活習慣病対策と災害対策です。生活習慣病対策では、主に特定健診・特定保健指導に関連する業務を行い、保健指導を実施する専門職のための研修会の開催、市町の取組み状況の確認や市町支援を行っています。災害対策では、災害時の健康被害を最小限にするためにマニュアル作りや研修会を行っています。実際に熊本県や広島県での災害派遣も経験させてもらいました。

これまで仕事をしてきた中で、最もうれしかったこと、印象に残っていることはどんなことですか?

前所属の賀茂健康福祉センターでは、進行性の難病患者の支援を行いました。その際には患者さんが1日でも長く在宅生活ができるよう、関係者間で連携し支援を行いました。「保健師さんと話す時間が私にとってはとても大事なの」と言ってもらえ、少しでも役立つことができたと直接感じることができ、うれしかったです。

県職員の仕事の「やりがい」「魅力」は何ですか?

県の保健師は広域的な視点で、幅広い業務ができることが魅力です。直接住民に関わる相談対応・家庭訪問から、県全体の施策に関わる業務まで多岐に渡ります。家庭訪問など地域住民の生活の場に入った活動を通して、地域の健康課題を把握し、施策化につなげることができる、やりがいのある仕事です。
市町の保健師と比べて、住民に直接関わる機会が少ないと思われがちですが、そんなことはありません。実際に、難しい事例に関わった時に、住民の方や関係機関の方に頼りにされた時には、自分の持てる力を発揮し、「なんとかしたい」と思います。それを成し遂げ感謝の言葉をいただけた時は保健師をしていてよかったと感じます。

これから目指す県職員像、今後やりたい仕事等をお聞かせください。

保健師は県民と直接関わる機会が多い仕事です。定期的な人事異動を通して様々な分野を経験して、保健師としてスキルアップしていきたいです。
どんな時でも、保健師として住民や地域の声を聞くこと、寄り添うことを大事にしていきたいです。

終業後や休日の過ごし方について教えてください。

終業後は帰宅してゆっくり過ごしたり、職場の先輩と飲みに行ったりしています。休日は、体を動かすことが好きなので、ランニングしたり友人と美味しいものを食べに行ったりしています。今の職場は、自分で仕事のスケジュールを組み立てるので、自分のペースで働くことができ、有給も取りやすい環境です。

その他、特に伝えたいこと

異動の度に、新しい業務につきますが、その都度、多くの人との出会いや、経験や知識を学ぶ機会が多くあります。今の職場は他課の人が羨むくらい、常に笑い声にあふれており、悩みを自分一人で抱え込まずに仕事ができる環境で、とても恵まれていると感じています。

先輩職員の声

保健師

入庁年:昭和62年

島村 通子

保健師

入庁年:平成28年

増尾 文香

保健師

入庁年:平成14年

宮地 俊行

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?